カテゴリー「Africa 2012」の48件の記事

2013年1月 1日 (火)

ヘビクイワシ

2012july28_sambulu_nr_secretary_birヘビクイワシ アフリカで見たかった鳥の一つ 前年のアンボセリでは見られなかったので、サンブルN.R. で見られたのはラッキーだった。2012july28_sambulu_nr_secretary_b_2ここでは比較的何回も見られたのだが、結果的にはマサイマラを含め他では出会えなかった。

続きを読む "ヘビクイワシ"

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

オグロヌー Blue Wildbeest

2012aug01_masai_mara_river126マサイマラ 7月末から10月の乾期にはタンザニアのセレンゲティから数多くのヌーが集まる。2012aug01_masai_mara_river157Blue wildebeest. オグロヌー(Connochaetes taurinus)マサイマラの広い草原は確かにたくさん集まってきていた。150万以上というが納得がいく。

続きを読む "オグロヌー Blue Wildbeest"

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

トピ Topi

2012july31_masaimara_evening_game_dMasai Mara N.R. 広い草原にトピ Topi (Damaliscus lunatus jimela)がいた。2012july31_masaimara_evening_game_2ハーティビーストの仲間で、顔が長くガゼルなどと比べ、あんまりかっこうが良くない。そのせいかあんまり人気がないようだ。

続きを読む "トピ Topi"

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

カワウ White-breasted Cormorant

2012july31_lake_naivasha_boat_safarLake Naivasha はアフリカの大地溝帯にある淡水湖。周囲の湖はナクル湖などのソーダ湖が多い。2012july31_lake_naivasha_boatsafariナイバシャ湖の面積は139 km2であるが、周囲は64 km2の範囲に及ぶ沼沢地があり、流れ出る川のない湖なので周辺の降水量により水没し、湖の一部になってしまう。標高1,884 mにあり、湖の平均水深は6 mで非常に浅い。(最深部は30m)

続きを読む "カワウ White-breasted Cormorant "

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

ペリカン Pink-backed Pelican, Great White Pelican

2012july31_lake_naivasha_boatsafa_6Pelecanus rufescens アフリカには2種類のペリカンが住んでいる。2012july31_lake_naivasha_boatsafa_7ここ、ナイバシャ湖で普通に見られるのはコシベニペリカン。やや小型(翼開長240cm)で地味な色合いだ。

続きを読む "ペリカン Pink-backed Pelican, Great White Pelican"

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

ナイバシャ湖のカバ Hipopotamus

2012july31_lake_naivasha_boat_safarLake Naivasha  boatsafari 7/31水量が多く水没した岸辺には所々に大きなカバが住んでいる。2012july31_lake_naivasha_boatsafariボートでゆっくり近づくと目と鼻をのぞかせたカバ (Hippopotamus amphibius), がこちらを伺っている。

続きを読む "ナイバシャ湖のカバ Hipopotamus"

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

アミメキリン Reticulated Giraffe

2012july27_samburu_farst_drive_reti2012July28 Sambulu NR  アミメキリン Reticulated Giraffe 書いておこうと思っていたが忘れていた。少し戻ることになるがサンブルN.R.のキリン。2012july28_sambulu_nr_reticulated_gアミメキリン:Reticulated Giraffe(Giraffa camelopardalis reticulata)本来の生息地のアミメキリン。動物園で見るキリンと同じ種類だけど本当にきれいな網目をしている。サンブルは半砂漠地域。川は重要な水場だが飲むのは命がけ。長い時間をかけて近づきやっと飲み始めた。

続きを読む "アミメキリン Reticulated Giraffe"

| | コメント (0)

ロスチャイルドキリン Rothschild Giraffe

2012july30_lake_nakurunp395(Giraffa camelopardalis rothschildi) 野生の個体が670頭以下という二番目に絶滅の危機にあるキリンの亜種です。元々はケニア西部からウガンダ、スーダン南部に及ぶ地域に生息していたロスチャイルドキリンは、現在、ほとんどの地域で絶滅し、ケニアとウガンダに小さな孤立した群れが生き残っているだけになっています。ウガンダキリンともいわれるが、ウガンダ内戦等の影響をうけ非常に個体数を減らし、さらに生息地の農業開発等がか追い打ちをかけている。2012july30_lake_nakurunp605ナクル湖とナイロビのジラーフセンターRothschild giraffeに移入され、移入個体群自体は、現在は安定している。しかし原産地は以前危険な状態であるという。

続きを読む "ロスチャイルドキリン Rothschild Giraffe"

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

ナイバシャ湖のカワセミ Kingfisher

2012july31_lake_naivasha_boatsafariヒメヤマセミ Pied  Ceryle rudis (2012July31 Lake Naivasha)メス。 パピルスに覆われたナイバシャ」湖岸には水鳥が多い。ここで3種類のカワセミを観察できた。2012july31_lake_naivasha_boatsafa_2こちらはオスのヒメヤマセミ。ヒメヤマセミは、アフリカの水辺でもっとも普通に見られる種類のようだ。ナイバシャ湖でもたくさん見られた。

続きを読む "ナイバシャ湖のカワセミ Kingfisher"

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

ナクル湖の水鳥

2012july30_lake_nakurunp150ナクル湖の水鳥は大型の物が目立つが実際にはカモやシギ、オオバンの仲間などたくさん生息している。足の赤いBlack-winged Stilt Himantopus himantopus 日本でも最近見かけるようになったが、ここでは湖岸に群れを作っている。2012july30_lake_nakurunp178_2エリマキシギ Ruff Philomachus pugnax 私としては日本ではあまり見たことのないシギだが、ここでは本当にたくさんいる。

続きを読む "ナクル湖の水鳥"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧