« オニノヤガラ 2013 | トップページ | スッポン 雄琴川 »

2013年6月11日 (火)

イチヤクソウ

Dsc_0141春植物の時期が過ぎ、明るかったコナラ・アベマキ林はすっかり暗くなってしまった。そんな愛知川河川林の片隅にイチヤクソウが咲いていた。

Dsc_0143小さい花だが透き通るような花弁は美しい。何となくギンリョウソウに似ている気もする。元々はギンリョウソウは同じイチヤクソウ科にされたり、シャクジョウソウ科に分けられたりしていたが、現在は共にツツジ科(ドウダンツツジの次に置かれ、シャクジョウソウ亜科:旧シャクジョウソウ科・イチヤクソウ科)の草本にされている。Dsc_0147イチヤクソウ(一薬草、学名:Pyrola japonica )。ツツジ科といわれてみると何となく納得してしまう。めしべが長く垂れ下がるように花から飛び出している。Dsc_0152もう少しあるかと思ったが、意外に個体数は少なかった。

|

« オニノヤガラ 2013 | トップページ | スッポン 雄琴川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オニノヤガラ 2013 | トップページ | スッポン 雄琴川 »