« アラゲヒョウタンボク 佐渡の花 | トップページ | オオミスミソウ 佐渡 »

2013年5月17日 (金)

エゾエンゴサク 佐渡

Ezoenngosaku
エゾエンゴサク(蝦夷延胡索、学名:Corydalis ambigua )は、ケマンソウ(ケシ)科キケマン属の植物。雪の消えた灌木の脇で美しい花を咲かせていた。

Ezoenngosaku2白っぽく感じる丸みの帯びた葉、エンゴサクとしては大柄。

Ezoenngosaku3北海道の林下でスカイブルーの花を見ているが,ここのものはやや赤みを帯びる。

Echigokijimusiro近くの道路脇では越後記事むしろが目立つ黄色い花を咲かせていた。

Naniwazuこちらはナニワズ。ジンチョウゲのなかまでやはり春一番に咲く。

|

« アラゲヒョウタンボク 佐渡の花 | トップページ | オオミスミソウ 佐渡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アラゲヒョウタンボク 佐渡の花 | トップページ | オオミスミソウ 佐渡 »