« エゾエンゴサク 佐渡 | トップページ | シラネアオイ 佐渡 »

2013年5月19日 (日)

オオミスミソウ 佐渡

Sinryoku新緑のアオネバ渓谷。

Oomisumisou標高の低い場所はすでに花が終わっているが、上っていくとシラネアオイはつぼみが多くなっていくが、オオミスミソウは花盛りになっていった。

Oomisumisou2能登や新潟本土でも見ているが、ここはそれよりまして多く、花の色も美しい。Oomisumisou4青みの強い個体から赤、何らかの色がついているものが多い。Oomisumisou3花の大きさ花弁の数も変異が大きい。Oomisumisou5_2白花はあまり写真に撮っていないが,少ないわけではない。ただ、本土の自生にに比べ圧倒的に色のきれいな個体が多いのは確かだ。これも採取圧が低いためであろう。

|

« エゾエンゴサク 佐渡 | トップページ | シラネアオイ 佐渡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エゾエンゴサク 佐渡 | トップページ | シラネアオイ 佐渡 »