« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の25件の投稿

2012年9月27日 (木)

アフリカのカモたち African Dacks

2012july30_lake_nakurunp296アフリカコガモ Hottentot Teal Anas hottentota アフリカ赤道直下のこの辺りは例年になく雨が多かったそうだ。流れ出る川のないナクル湖は水位が上がり、湖岸のアカシアの根本も一部水に洗われているところもある。2012july30_lake_nakurunp313その湖岸は例年になく水域が広くサファリコースも湖岸に近い道路は使えない。ソーダ湖のナクル湖は水位が上がると魚が増加し、魚食性の鳥〔カワウやペリカン〕が増え、ここの代表的な種であるフラミンゴは減るという。

続きを読む "アフリカのカモたち African Dacks"

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

ヘビクイワシ Secretary Bird 

2012july28_sambulu_nr_secretary_bir今回のアフリカ行きで見たかった鳥の一つ。前回のアンボセリでは見られなかった鳥。Sambulu N.Rだけですが、ゆっくりと見られました)
2012july28_sambulu_nr_secretary_b_2Secretary Bird (ヘビクイワシ)
secretaryの意味や和訳。 【名詞】【可算名詞】1(個人付きの)秘書  和名より英名の方がスマートな気がします。頭に刺した羽ペンからのイメージでしょう。でも「書記官鳥」とするには・・・。

続きを読む "ヘビクイワシ Secretary Bird "

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

ダルマワシ

2012july28_sambulu_nr_bateleur03ダルマワシ Bateleur. Terathopius ecaudatus)Sambulu N.R.赤い顔に 翼が大きく尾羽が短い。
2012july28_sambulu_nr_bateleur07上空を飛んでいる姿は何となくバランスが悪い感じだ。道路脇のすぐ近くの地面に留まっていた。距離は5mぐらい。写真を撮っているといきなり飛び立った。

続きを読む "ダルマワシ"

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

アバーディア・ジアークの朝の鳥

2012july30_the_ark_early_morning0477月30日朝6:20、赤道直下の遅い朝の訪れ。一晩中つけられていたライトの下は落ちた虫がいっぱい。一晩中、訪れていたゾウやバッファローも姿を消し、冷え切った空気の中に様々な鳥の声が響いている。2012july30_the_ark_early_morning061Common Bulbul アフリカヒヨドリ(Pycnonotus barbatus) サンショクヒヨドリ Yellow-Vented Bulbul(Pycnonotus tricolor)かもしれない。2012july30_the_ark_early_morning123こちらの個体は下尾筒が少し黄色い。日本のヒヨドリと雰囲気は似ている。

続きを読む "アバーディア・ジアークの朝の鳥"

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

アバーディア・ジアークの夜の動物2

2012july29_aberdare_the_ark_night11Large-spotted Genet オオブチジェネット (Genetta tigrina) サハラ以南のアフリカに広く分布するジェネット。長い尻尾が目立つ。夜行性の動物なのでアバーディアのような場所にえづけされていないと見ることができない。2012july30_the_ark_early_morning032ホテルに着けられているライト。光に昆虫がたくさん集まってくる。写真は撮れなかったがコウモリもたくさん来ていた。

続きを読む "アバーディア・ジアークの夜の動物2"

| | コメント (0)

アバーディア・ジアークの夜の動物

2012july29_aberdare_the_ark_night05アバーディア国立公園Aberdare National Parkで宿泊したThe Ark。ついたときはもう夕方なのと小雨が降っていたので暗い。森林に囲まれた広大な湿地が広がり、このときはゾウとスイギュウが見られた。2012july29_aberdare_the_ark_night07日が暮れるとホテル前がライトアップされ夜の動物が観察できるようになっている。特にホテル前は塩がまいてあるそうでたくさんの動物が集まってくるそうだ。

続きを読む "アバーディア・ジアークの夜の動物"

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

リカオン アバーディアカントリークラブの動物

2012july29_aberdare_country_club__9ゴルフ場のグリーン上にいるリカオン。旗は曲がりプレイしている人はいないようだ。2012july29_aberdare_country_club_10リカオンの狩りの成功率は非常に高いそうだ。集団で狩りをし非常に統率の撮れた狩りをするようだ。

続きを読む "リカオン アバーディアカントリークラブの動物"

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

リカオン African wild dog

2012july29_aberdare_country_club__2アバーディア国立公園に隣接したAberdare Country Club 見ての通り高原に広いゴルフ場が広がる。ここで乗り換え公園内のThe Arkに向かう。私たちはサファリカーに乗り公園内を巡りThe Arkに向かうことにした。2012july29_aberdare_country_club_sa出発してすぐホテルの敷地内のゴルフ場にいたのはプレイしている人ではなくリカオンAfrican wild dog Lycaon pictusでした。

続きを読む "リカオン African wild dog"

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

モリイノシシ Giant Forest Hog

2012july29_aberdareark_safari65アバーディア国立公園Aberdare National Parkはアフリカ大地溝帯(Great Rift Valley )の縁にある3000mを越える山地。熱帯山地林に覆われている。そのこともあり滞在中は霧に覆われ雨が降り続いていた。薄暗い林道の先に黒い塊のような動物がいた。2012july29_aberdareark_safari67近づくと大きな黒いイノシシだ。

続きを読む "モリイノシシ Giant Forest Hog "

| | コメント (0)

2012年9月18日 (火)

ガシャモク〔鳥の博物館〕

Imgp0779千葉県我孫子市手賀沼に9月15日に、久しぶりに出かけた。夏の手賀沼は久しぶりだ。

Imgp0838ここには我孫子市鳥の博物館がある。もちろん私の好きなジャンルの博物館でもあるのですが、今回3回目。訪ねた本当の目的は別にある。(ドードの剥製・もちろん復元模型。でも良くできている。)

続きを読む "ガシャモク〔鳥の博物館〕"

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

ドームヤシ Doumpalm ( Hyphaene compressa ).

2012july27_samburu_evening_drive35Samburuの風景。広い草原にひときわ背の高いヤシが生えている。2012july27_samburu_farst_drive04川辺の林は3m程度の長いとげの生えたアカシアが多い。

続きを読む "ドームヤシ Doumpalm ( Hyphaene compressa ). "

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

レッドヘッドアガマ Red-headed Rpck Agama

2012july27_samburu_game_lodge_agamaSamburu Game Lodgeの川沿いの石垣をちょろちょろ動くアガマとかげがいた。20cmから30cmぐらいの物が多い。2012july27_samburu_evening_drive_afこれはサファリの時に見かけた大木の元にいたもの。特徴から、Red-headed Rock Agamaのようだ。大きさは40cm近いだろうか

続きを読む "レッドヘッドアガマ Red-headed Rpck Agama"

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

ナイルオオトカゲ Nile monitor lizard

2012july27_samburu_game_lodge_nile_ Nile monitor lizard ナイルオオトカゲ (Varanus niloticus)サンブルゲームロッジの前を流れるEwaso Ng'iro Riverの川岸にいた。体長1.5mほど、模様等から見てもう少し成長しそうだ。2012july27_samburu_game_lodge_nil_2Nile monitor lizard ナイルオオトカゲ (Varanus niloticus)アフリカに最も普通にいるオオトカゲで水辺を好んで生活している。

続きを読む "ナイルオオトカゲ Nile monitor lizard"

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

チーター Cheetah

2012july28_sambulu_nr_cheetah07チーターが休んでいるブッシュにアフリカゾウが迫っている。サファリカーは気にしなかったが、たまらずに起き上がって移動をし始めた。2012july28_sambulu_nr_cheetah09チーター Cheetah (Acinonyx jubatus raineyii)ネコ目(食肉目)ネコ科チーター属。ヒョウとは斑点が異なり大きさはあまり変わらなそうだが頭が小さくほっそりとしている。

続きを読む "チーター Cheetah"

| | コメント (0)

ソマリイボイノシシ Desert Warthog

2012july28_sambulu_nr_desert_warthoSamburuの広いサバンナにイボイノシシがいる。ケニアのサバンナで最も一般的な動物の一つだ。今回もほとんどすべての観察ポイントで見ることができた。2012july28_sambulu_nr_desert_wart_2ケニアの中心を流れるタナ川を境に動物相が異なる。ここのイボイノシシは半砂漠環境に適応したソマリイボイノシシDesert Warthog (Phacochoerus aethiopicus delamerei)のようだ。

続きを読む "ソマリイボイノシシ Desert Warthog"

| | コメント (0)

2012年9月 8日 (土)

シッポウバト Namaqua Dove 

2012july27_samburu_evening_drive0462012July27  Sambulu N.R.の乾いた地面にうずくまっているハトがいた。日本にいるハトとは随分雰囲気が違う。2012july27_samburu_evening_drive042足が短めで尾が長い前胸から顔にかけてが真っ黒だ。

続きを読む "シッポウバト Namaqua Dove "

| | コメント (0)

アフリカヒョウ African leopard

2012july27_samburu_evening_drive_leアフリカヒョウ(豹、Panthera pardus pardus) アフリカの大型ネコ(ライオン・ヒョウ・チータ)の中でもっとも分布域が広く、半砂漠から森林地帯、保護区以外の場所にも柔軟に適応でき、アフリカではある程度個体数もいるようだ。2012july27_samburu_evening_drive__2しかし、アフリカに来て見やすい訳ではない。サファリに出かけて、見やすい訳ではない。適応力が高い分、隠れるのがうまく観察するのは難しい。それでも、Samburuでは比較的目撃しやすいといわれている。

続きを読む "アフリカヒョウ African leopard"

| | コメント (0)

コビトマングース Somali dwarf mongoose

2012july28_sambulu_nrsomali_dwarf_m2012July28 Sambulu NR 川沿いのブッシュニチイ作動物が見え隠れしながら移動していく。2012july28_sambulu_nrsomali_dwarf_2Somali(Desert)  dwarf mongoose ヒガシコビトマングース Helogale hirtula と思っているが正直どちらかわからない。

続きを読む "コビトマングース Somali dwarf mongoose"

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

アラゲジリス Unstriped Ground Squirrel

2012july27_samburu_farst_drive_unstSamburuの乾いた林道を小さな動物が走った。リスのようだ。アフリカのサバンナというと大きな動物ばかりが注目される。実際にいって体験する価値は、多分テレビの自然番組ではなかなか伝えられない部分だと思う。2012july27_samburu_farst_drive_un_2日本でもこういった小さい動物を観察することは国立公園だって難しい。それが見つけられることはかなりの個体数がいるのだろう。

続きを読む "アラゲジリス Unstriped Ground Squirrel"

| | コメント (0)

2012年9月 5日 (水)

グレビーシマウマ Grevy's Zebra

2012july27_samburu_farst_drive_grev今回のアフリカ行きで是非とも自然状態で出会いたかった動物のひとつです。2012july28_sambulu_nr_grevys_zebra0Samburu N.R. グレビーシマウマ(Equus grevyi)Grevy's Zebraケニア北部からソマリアにかけて生息する大型のシマウマ。やはり生息域がアフリカの角に位置し野生での絶滅が心配されている種だ。

続きを読む "グレビーシマウマ Grevy's Zebra"

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

ケープノウサギ Cape Hare

2012july27_samburu_evening_drive_ca2012July27 Samburu の魅力は比較的小型の動物が豊富で見やすい事かもしれない。ブッシュの陰ですくっとたたずんでいる野ウサギを見つけた。2012july27_samburu_evening_drive__6サバンナにもこういった小型のほ乳類が、大型のアンテロープ以上に住んでいるはずだが、普通のゲームドライブではほとんど見つけることはできない。

続きを読む "ケープノウサギ Cape Hare"

| | コメント (0)

ディクディク Guenther's Dik-dik

2012july28_sambulu_nr_dikdik252012July27 Samburu N.R.乾期の地表はほとんどの草が枯れている。2012july27_samburu_evening_drive_guあまり同定には自信がないが、地域的な分布と特徴から、ギュンターディクディク Guenther's Dik-dik (Madoqua guentheri)ではないかと思う。

続きを読む "ディクディク Guenther's Dik-dik "

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

ジェレヌク Gerenuk

2012july27_samburu_evening_drive_no ミナミジェレヌク Southern gerenuk ( Litocranius walleri walleri) サンブルの乾燥した疎林に生息している。2012july27_samburu_evening_drive__2ジェレヌクは非常に足や首が長く地上の草の少ない疎林にに適応している。主な主食は灌木の葉で、より高い樹木はキリンが食べている。

続きを読む "ジェレヌク Gerenuk"

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

ベイサオリックス Beisa Oryx

2012july27_samburu_farst_drive_beisベイサオリックス Beisa Oryx (Oryx gazella beisa) 乾燥した草原にすくっと立っていた。まっすぐに伸びた長い角を持った、大型の美しい草食獣です。2012july27_samburu_farst_drive_beis正面から見た顔の模様と角。耳の先には毛が生えていない。半砂漠的環境を好むようでケニアでも観察できる場所は少ないようだ。

続きを読む "ベイサオリックス Beisa Oryx "

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

フサホロホロチョウ Vulturine guineafowl

2012july28sambulu082
サンブル(Samburu National Reserve)を流れるEwaso Ng'iro Riverの河川林に大きな群れを着くって水を飲みにやってきた、フサホロホロチョウ(Vulturine guineafowl) Acryllium vulturinum。2012july28sambulu078 こちらは「ホロホロチョウ」 Helmeted Guineafowl (Numida meleagris) ほぼ一緒に行動して混群を作っているが、微妙に2種は距離を取っているようにも見える。Helmeted の方はあちこちで観察できたが、Vulturineの方はサンブルN.R.のみでした。

 

続きを読む "フサホロホロチョウ Vulturine guineafowl"

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »