« ディクディク Guenther's Dik-dik | トップページ | グレビーシマウマ Grevy's Zebra »

2012年9月 4日 (火)

ケープノウサギ Cape Hare

2012july27_samburu_evening_drive_ca2012July27 Samburu の魅力は比較的小型の動物が豊富で見やすい事かもしれない。ブッシュの陰ですくっとたたずんでいる野ウサギを見つけた。2012july27_samburu_evening_drive__6サバンナにもこういった小型のほ乳類が、大型のアンテロープ以上に住んでいるはずだが、普通のゲームドライブではほとんど見つけることはできない。

2012july27_samburu_evening_drive__7ケープノウサギ Cape Hare (Lepus capensis)分類の決め手がよくわからないがアフリカに普通に分布しているノウサギなのでこの名前に決めた。2012july27_samburu_evening_drive__8すぐ、近くの藪にはもう1頭いて、しばらくするとこの個体も中に隠れた。とげだらけの灌木なのでとても大型の動物は入ることができない。2012july27_samburu_evening_drive__9ニホンノウサギはLepus brachyurus で属は同じだが、半砂漠に生息しているためか、耳は明らかにでかい。2012july27_samburu_evening_drive29望遠でなく普通に撮るとこんな感じでじっとしているとどこにいるか非常にわかりにくい。周囲のブッシュの様子もよくわかる。

追記: ウサギの同定は手元に情報が少なく名前の同定は難しい。Wikiでも日本語版と英語版で内容が違う.英語版の方が新しい情報のような気もする。後ろ首の色がやや赤みを帯びるようなのでAfrican savanna hare (Lepus microtis)かもしれない。
 もともとアカクビノウサギとされていた種。Netで調べても学名を含めて揺れている感じがする。基本はThe Kingdon pocket guide to African Mammalsを調べて、名前を決めています。図鑑ではLepus saxatilis アカクビノウサギ Scrub hareがアフリカに広く分布しているようになっていますが、Wikiでは南アフリカ付近のみになっています。多分その他地域のが Lepus microtis にされたのかなと想像しています。
英語版WikiのHareでは
Subgenusがかかれていていますが、ニホンノウサギ Lepus brachyurusが分類的な位置未定に入っていました。

|

« ディクディク Guenther's Dik-dik | トップページ | グレビーシマウマ Grevy's Zebra »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディクディク Guenther's Dik-dik | トップページ | グレビーシマウマ Grevy's Zebra »