« キタシロサイ Northern white rhinoceros | トップページ | クロサイ Black rhinoceros »

2012年8月24日 (金)

ミナミシロサイ Southern white rhinoceros

2012july27_sweetwaters_final_drive_ミナミシロサイ 英語名はSouthern white rhinoceros またはSquare-lipped rhinoceros(Ceratotherium simum simum)。Sweetwatersの広い草原で餌を採っているミナミシロサイ。南アフリカから連れてこられた移入個体群だ。ここにはクロサイの方が多いはずだが、出会ったのはシロサイでした。基本的に草原に出ているのは幅広い口を持ったサイ。クロサイは小灌木の葉を好んで食べあまり群れを作らないため見るのは困難なようだ。

2012july27_sweetwaters_final_driv_2堂々とした姿はアフリカの草原に似つかわしいが、移入種というのは残念だ。先に書いたキタシロサイにできることなら置き換わってもらいたい。2012july27_sweetwaters_final_driv_3乾期の草原で穂を出している植物はメカルガヤの仲間がほとんど。2012july27_sweetwaters_final_driv_4シロサイはアフリカゾウに次ぐ大きな動物でオス は2,000-3,600kgになる大きな長い角を二本持っている。2012july27_sweetwaters_final_driv_5ただその角が密猟の要因になるため写真のようにあらかじめ角が切り取られている。ミナミシロサイも一時は絶滅寸前まで追い込まれたが、保護の結果奇跡的な回復を遂げた。そして元の生息地だけでなくケニアやウガンダタンザニアまで導入されている。そのことは疑問に感じる。やはり野生に放つのは本来の生息域に限ってもらいたい気がする。

|

« キタシロサイ Northern white rhinoceros | トップページ | クロサイ Black rhinoceros »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キタシロサイ Northern white rhinoceros | トップページ | クロサイ Black rhinoceros »