« 東アフリカ2012 | トップページ | ギンガオサイチョウSilvery-cheeked Hornbill  »

2012年8月17日 (金)

国立博物館 Nairobi National Museums

2012july25nairobinational_museum__2The National Museums of Kenya(併設Nairobi Snake Park •Botanical Gardens and Nature Trail) 2012july25nairobinational_museum__3ケニアの自然史、歴史民俗資料・絵画が集められており14:30~17:00まで見学できる。 ケニアは1963年に独立し、Coryndon博物館は1964年に "国立博物館"と改名されたようだ。1967年に、 リチャード·リーキーやジョイ·アダムソンなどが関与し、博物館の充実に努めたという。

2012july25nairobinational_museum__4特に鳥類の剥製展示がすばらしくケニアに生息するほぼすべての種が収められていた。中には絶滅が心配されている種非常に興味深いものがあった。2012july25nairobinational_museum__5展示は分類にしたがって展示され剥製だけでなく可能な限り巣や卵を含めた生態を考慮した展示があり興味深かった。東アフリカで非常に進化発展を遂げているハタオリドリ(スズメ科を含む)の仲間の巣の展示は量も多くその緻密さも含め興味深かった。2012july25nairobinational_museum__6哺乳類展示もウシ科(レイヨウ)の剥製頭骨角の形態が示され夜行性で普段観察できない動物も含めた展示がされていた。2012july25nairobinational_museum__7またケニアは人類発祥の地とされておりレプリカではあるが人類史の展示も整っていた。これから東アフリカの野外観察する研修初日としては非常に参考になった。

|

« 東アフリカ2012 | トップページ | ギンガオサイチョウSilvery-cheeked Hornbill  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東アフリカ2012 | トップページ | ギンガオサイチョウSilvery-cheeked Hornbill  »