« 下物の野鳥と植物 | トップページ | サルメンエビネ »

2012年5月21日 (月)

金環日食2012大津

Am212054大津2012年5月21日午前7時30分金環日食。専用の太陽フィルターを持っていないため急遽自作のフィルター(いらないcdの真ん中に太陽フィルターを貼り付けた)うまくピントも合わないし、所詮無理を承知。P5216214玄関に映った太陽の陰(午前7時18分)の方がはっきりと見える。

Am211969午前6時44分フィルターを入れず直接撮した太陽かなり薄雲がかかっている。ので可能だった。Am211992(午前7時19分)薄雲がかかっている。Am2120487時31分金環食。本来はもっと南に移動しようとも(伊勢あたり)思っていたのだが、天気予報では南ほど天気が悪そうだったので家での観察に切り替えた。金環食のぎりぎりの位置なので何とか肉眼での観察でその瞬間は確認した。ほんの1分ぐらいだった。Am2120897時34分金環食は終了。太陽は元に戻っていく。Am2121418時03分太陽が元に戻っていく。太陽が94%程度隠れただけなので周りは明るいままだったが雲が少し夕方のように赤みを帯び夕方のようにはなった。時間が短いのでゆっくり観察ができないのが残念。周りのイヌが結構騒いでいたのとややツバメの動きに違和感を感じたが、動物はこの程度の光の変化で太陽の異変を感じたのだろうか。

P52162447時57分玄関の陰。上の写真と同じ方向から撮しているが,太陽の陰の方向が変化している。2009年7月26日 (日)に四川省北海子・日食を観察に行ったが一度見ると少し無理をしてもまた見たくなる。網膜に映った日食が作用しているようだ。これも「日食網膜症」の深刻な一面なのかもしれない。11月14日にケアンズにも行きたいなぁ。

|

« 下物の野鳥と植物 | トップページ | サルメンエビネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下物の野鳥と植物 | トップページ | サルメンエビネ »