« オリオロ Black-hooded Oriole | トップページ | ユキワリイチゲ 瀧樹神社 »

2012年3月10日 (土)

多賀の春植物

Imgp3972ようやく雪が消えた犬上郡多賀町大君ケ畑。まだ枯れ草ばかりの野に黄色い花が顔を出した。

Imgp3958フクジュソウ。柔らかな日差しを浴びて輝くような花弁を開いている。

Imgp39532012年3月10日そろそろ咲いているかなと思って春探しに出かけた。霊仙の下の落合付近はまだ雪の下見頃までにはまだ1週間はかかりそう。Imgp3963フクジュソウAdonis ramosa キンポウゲ科の植物で毒草なのでしかも食べないようだ。付近はシカのフンだらけだが食べられている様子はない。Dsc_0005もう一つの春植物のセツブンソウ多賀町甲頭倉の日だまりに咲いていた。ミツバチが早速やってきていた。Imgp3945セツブンソウの陰に潜んでいたクモがミツバチを捕まえていた。こんな時期にクモをみつけてびっくりした。越冬しているのだろう。Imgp3947セツブンソウShibateranthis pinnatifida 白い部分がいわゆるがくに当たり黄色い部分が、虫に蜜の位置を示す蜜標になった花びらに当たる。

|

« オリオロ Black-hooded Oriole | トップページ | ユキワリイチゲ 瀧樹神社 »

コメント

クモには私も驚きました。陽だまりだからとしても、たくましいですね。滋賀県のフクジュソウは、本物のフクジュソウ?京都のものは、調べたかぎりすべてミチノクフクジュソウでした。2010年版の滋賀県RDBでは学名がamurensisになっていますから、まだ区別してないのかな。

投稿: M.S. | 2012年3月11日 (日) 06時20分

滋賀県、鈴鹿一帯は私の見た限りすべて普通のフクジュソウです。Adonis multiflola はないようです。伊吹周辺ではフクジュソウは見ていないのですが、自生のセツブンソウが咲く神社の一角のフクジュソウは、ミチノクでした。近くの山取であれば場所を確認したいのだが、ホームセンター産かもしれません。

投稿: pteris | 2012年3月11日 (日) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリオロ Black-hooded Oriole | トップページ | ユキワリイチゲ 瀧樹神社 »