« フクジュソウ 男鬼 | トップページ | サシバ Grey-faced Buzzard »

2012年3月21日 (水)

セツブンソウ 小泉

Am202315滋賀県北部一帯は今年は積雪量が多く春植物の開花が遅れようやくセツブンソウが開き始めた。Am202321まだ林下の吹きだまりには雪が残っているが、溶けた場所から順に咲いていくようだ。満開のセツブンソウ自生地は花を観察する人が多く訪れていた。

Imgp41973月20日は伊吹山がきれいに見えているが、まだ3合目以上は雪で被われているようだ。Imgp4211 セツブンソウ。咲いて間もない花はみずみずしく美しい青い葯もまだ開裂していないし、蜜標の黄色い花弁も目立つ。Imgp4214まだつぼみもたくさんあり、気をつけて歩かないと踏みつぶしてしまいそう。Imgp4207 こちらはミスミソウ花弁も葯も花糸もすべて純白。色のついたものは見当たらないが非常に美しい。Imgp4200 近くの神社の境内に植栽されていたフクジュソウ。鈴鹿山系にはたくさん見られるフクジュソウだが、伊吹山塊では私は見ていない。近くの山でとってこられたものを植栽されているなら自生地を確認したいと思う。きちんと確認していないがここの下部は萼が短く陸奥フクジュソウではないかと思う。ホームセンター産でなければよいのだが・・・。Imgp4219すぐ上は伊吹の石灰岩鉱山。山頂付近まで無残に削られている。植物で有名な山でかなり厳密に保護されているが、一方で山自体を切り崩している。

|

« フクジュソウ 男鬼 | トップページ | サシバ Grey-faced Buzzard »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フクジュソウ 男鬼 | トップページ | サシバ Grey-faced Buzzard »