« ネパールのインコ Parakeet | トップページ | 多賀の春植物 »

2012年3月 9日 (金)

オリオロ Black-hooded Oriole

2011dec25_chitowanjungle_walk051ズグロコウライウグイス Black-hooded Oriole (Oriolus xanthornus )ネパール チトワンの雨緑林の樹冠部を数羽の群れで移動する黄色い鳥。独特の鳴き声が響く。2011dec25_chitowanjungle_walk060日本に時折確認されるコウライウグイスの一種で頭にずきんをかぶったように黒い。南アジアに広く分布する種のようだ。

2011dec25_chitowanjungle_walk071あまり低いところに降りてこないのと、葉を落とした明るい雨緑林内では目立ちそうな黄色が案外見にくい。

2011dec25_chitowanjungle_walk089観察しているところでオリオロの様子が騒がしくなり、どうしたのかと思っていたら、ガイドがハヤブサが襲っているといわれすぐにカメラを向けた。襲われているすぐわきでつがい相手かその様子を見ている。助けようとしているわけではない。2011dec25_chitowa_collared_falconet 襲っているのはCollared Falconet (Microhierax caerulescens) むしろオリオロよりやや小型のハヤブサ。日本名はモモアカヒメハヤブサというようだ。世界最小のハヤブサで雀程度だそうだが、結構大胆な狩りをしている。ボルネオでBlack-Thighed Falconet モモグロヒメハヤブサを観察したが大きさはほぼ同じ。(Falconet 2010.10.16)2011dec25_nepal_0683 ハヤブサの狩りを見ていると大きな鳥がやってきて近くの枝に留まった。Oriental Pied Hornbill (Anthracoceros albirostris)キタカササギサイチョウボルネオなどでも見たが最も普通にいるサイチョウの仲間2011dec25_nepal_0686サイチョウの仲間では小型だが、それでも大きい鳥で飛んでいるところは迫力がある。

|

« ネパールのインコ Parakeet | トップページ | 多賀の春植物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパールのインコ Parakeet | トップページ | 多賀の春植物 »