« アカゲザル Rhesus monkey | トップページ | ネパールのセキレイ  Wagtail »

2012年2月24日 (金)

ネパールのムクドリ Starling

2011dec28_chitwan_morning_birdwatchラプティ川の支流の流れの緩い浅瀬でムクドリが集まって水浴びをしている。2011dec25_chitowanmorning_birdwat_3行動自体は日本のムクドリとあまり変わらない。フィッシュテールパームの横にいるのはJungle Mynaモリハッカ。チトワン付近はより大型のハッカチョウの方が目立ち小柄のムクドリはやや控えめだ。

2011dec24_chitwan_sauraha_060 ホオジロムクドリ Gracupica contra,  Asian Pied Starling 以前はムクドリ属Sturnus だったが現在は属を細分されている。ちなみに日本のムクドリはSpodiopsar cineraceus となっている。ユーラシアのムクドリはアフリカのような派手さはないが親しみの持てる感じだ。2011dec24_chitwan_sauraha_063 インドからネパールにかけて雨緑林帯に普通に分布するようだが、村落周辺を中心に多く見かけ、公園内にはあまりいないようだ。2011dec30_pokhara_phewa_tal130標高の高いポカラでは、インドコムクドリ (Sturnus malabaricus) Chestnut-tailed Starlingにであった。横にいるのはCommon Myna インドハッカ。2011dec30_pokhara_phewa_tal132あまりここでは多くないようで1回しかであわなかった。Chestnuttailed_starling_1 ネパールには他にBrahminy Starling, ズグロムクドリがいるようでインドコムクドリとにているが頭が黒いはずなのでたぶん同定に間違いないと思う。Chestnuttailed_starling2 日本にいる鳥ではコムクドリよりカラムクドリ(同属)が近縁のようだ。

|

« アカゲザル Rhesus monkey | トップページ | ネパールのセキレイ  Wagtail »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカゲザル Rhesus monkey | トップページ | ネパールのセキレイ  Wagtail »