« アクシスジカ Spotted Deer | トップページ | トビ Black Kite on Nepal »

2012年2月 1日 (水)

ラプティ川の水鳥 コハゲコウ他

2011_dec27_chitwan_canoe_trip コハゲコウLesser Adjutant(Leptoptilos javanicus)2011 Dec.27 Chitwan Canoe trip (Rapti River from Sauraha) 

2011_dec インド付近にはオオハゲコウと2種いるが、そちらは絶滅寸前。コハゲコウも開発による生息地の破壊、狩猟などにより生息数は激減している。ネパール周辺ではハゲワシ類も含め、家畜に使用する薬剤が原因で死肉食の鳥動物が減少している。

2011dec27_chitwan_canue_trip085 アカアシトキ Red-naped Ibis(Pseudibis papillosa) パキスタン西部から、インド、中国南部、ベトナムまで分布する。日本には分布しない。帽子をかぶったように見える後頭部の赤が目立つ。全身真っ黒で羽は光が当たると金属的な光沢を放つ。川岸で餌を探していた。小動物が好みで結構いろんなものを食べるようだ。アフリカの Ibises トキの仲間 と比較してください。2011dec27_chitwan_canue_trip103 シロスキハシコウAsian Openbill(Anastomus oscitans) 上下のくちばしの間に隙間があいていてキチンとは閉まらない。このくちばしの形は タニシを食べるために都合のよい形だとか。コウノトリの仲間では小型で、羽の色はやや灰色がかっていて、何となくみずぼらしさを感じる。

2011dec27_chitwan_canue_trip209ナベコウ Black Stork Ciconia nigra ユーラシア大陸に広く分布し、チトワン付近には冬鳥として飛来する。日本にも希に飛来する。 大きく、くちばしが赤くきれいな鳥だ。

2011dec27_chitwan_canue_trip222アジアヘビウ Oriental Darter, Anhinga melanogaster ヘビのような細長い首が特徴。雌は下面が白い。 泳いでいるときは身体がほとんど沈み,首だけを水面上に出している。

2011dec27_chitwan_canue_trip227 この仲間は広く熱帯に分布し中南米、オーストラリア、アフリカでも見たが、それぞれ種に分けられてはいるがどれもよく似ている。

|

« アクシスジカ Spotted Deer | トップページ | トビ Black Kite on Nepal »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アクシスジカ Spotted Deer | トップページ | トビ Black Kite on Nepal »