« トビ Black Kite on Nepal | トップページ | ハヌマンラングールTarai gray langur »

2012年2月11日 (土)

リュウキュウガモ Lesser Whistling-duck

2011dec26_chitwanjunglewalk168リュウキュウガモ (Dendrocygna javanica) チトワンNPのジャングルウォーク。乾期の森を抜けると常緑の森が広がり、三日月湖に出た。

2011dec26_chitwanjunglewalk182その岸辺に数羽の水鳥が羽を休めていた。

2011dec26_chitwanjunglewalk189リュウキュウガモは名前通り日本の南西諸島にも分布していたようだが,現在は日本の個体群は消滅し希に迷鳥として西表等で記録されるのみになっている。しかし東南~南アジアにはまだ普通に生息しているようだ。2011dec26_chitwanjunglewalk173周りにいる黒い鳥はアジアレンカク。2011dec26_chitwanjunglewalk197静かに観察していたつもりだが、警戒心が強く、急に飛び立ってしまった。2011dec26_chitwanjunglewalk214カモがいた水辺はアジアレンカクのみが残された。このような水辺はいろんな動物にも大切なようで、ここでIndian Muntjac インドホエジカもちらっと見られた。姿は見えないがサイやアキシスジカ、ベンガルトラなども訪れるようで足跡が確認できた。2011dec26_chitwanjunglewalk200アジアレンカク Bronze-winged Jacana (Metopidius indicus)黒く眉の白いのが成鳥。茶色いのは幼鳥~亜成鳥。足指がとても長く水草の上を歩くのに適している。

|

« トビ Black Kite on Nepal | トップページ | ハヌマンラングールTarai gray langur »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トビ Black Kite on Nepal | トップページ | ハヌマンラングールTarai gray langur »