« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の13件の投稿

2012年2月29日 (水)

ネパールの水辺

2011dec25_chitowanjungle_walk368Chitwanの水辺。水草がいっぱい。在来種も多いのだが、やっぱり目に付くのは移入種のボタンウキクサ(Water Lettus)。Wikiには原産地は南アメリカとも中央アフリカと書かれているが少なくてもここではないと思う。2011dec25_chitowanjungle_walk372これはナンゴクデンジソウ. Marsilea crenata。日本では西表で見たが数を減らしている植物だ。

続きを読む "ネパールの水辺"

| | コメント (0)

2012年2月28日 (火)

イエガラス House Crow (Corvus splendens)

2011dec25_chitowan_morning22 ネパールチトワンの玄関口の町ソウラハ。ホテルの前の葉を落とした木に枯らすが群れていて騒がしい。日本の端簿素よりやや小型で頭の後ろがやや色が薄い。

2011dec25_chitowanmorning_birdwatch ホテルの建設現場にムクドリと共に群れていた。

続きを読む "イエガラス House Crow (Corvus splendens)"

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

Nepalのハゲワシ Old World vulture

2011dec29_nepal_550ネパール・ポカラ。乾期の澄み渡った青空を背景に飛ぶワシ。(トビが2羽、エジプトハゲワシEgyptian Vulture2羽とヒマラヤハゲワシ Himalayan Griffon 1羽)2011dec29_nepal_464トビも多くいるが非常に大きなワシが混ざっている。低地のチトワンではほとんど見られなくなったハゲワシだ。エジプトハゲワシも小さな鳥ではないが一緒に飛んでいると小さく見える。

続きを読む "Nepalのハゲワシ Old World vulture"

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

ネパールのセキレイ  Wagtail

2011dec25_chitowanmorning_birdwatch ネパールの水辺にはいわゆるハクセキレイが多い。図鑑によるとインド・ネパールの低地には冬鳥としてやってくるようだ。夏はヒマラヤの山麓で繁殖し冬はチトワンなどに降りてくる。ネパールの場合は移動距離は100km程度かな。2011dec25_chitowanmorning_birdwat_2たぶん、日本にいる、ホオジロハクセキレイ Motacilla alba leucopsis と同じタイプだと思う。

続きを読む "ネパールのセキレイ  Wagtail"

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

ネパールのムクドリ Starling

2011dec28_chitwan_morning_birdwatchラプティ川の支流の流れの緩い浅瀬でムクドリが集まって水浴びをしている。2011dec25_chitowanmorning_birdwat_3行動自体は日本のムクドリとあまり変わらない。フィッシュテールパームの横にいるのはJungle Mynaモリハッカ。チトワン付近はより大型のハッカチョウの方が目立ち小柄のムクドリはやや控えめだ。

続きを読む "ネパールのムクドリ Starling"

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

アカゲザル Rhesus monkey

2011dec25_chitowaneiephant_safari14 チトワンの森で最も多く見かけたサルはアカゲザル。ニホンザルに似ているが、名前通り下半身の毛は赤っぽく、尾は長い。2011dec29_nepal_696ポカラの個体。たぶんオス。アカゲザルの学名はMacaca mulattaニホンザルMacaca fuscata で交雑は可能のようだ。日本でも千葉県半島に外来種として定着しているそうでニホンザルとの交雑が心配されている。

続きを読む "アカゲザル Rhesus monkey"

| | コメント (0)

2012年2月22日 (水)

ハチクマ Oriental Honey Buzzard

2011dec26_tharuvillagetour266 ソウラハのホテルの周りでトビではない大きなタカが飛んでいる。はじめは何か分からなかったが、よく見ると日本にも夏鳥としてやってくるハチクマのようだ。2011dec28_chitwan_wildlifeh21_2Crested Honey Buzzard Pernis ptilorhyncus。 滋賀県では渡りの時以外あまり目にすることはないが,ここではとにかく村の上空をひっきりなしに飛んでいる。横を飛んでいる鳥はイエガラス。

続きを読む "ハチクマ Oriental Honey Buzzard"

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

魚取り

2011dec25_chitowaneiephant_safari36 Chitowan Eiephant Safariの周りは雨緑林。乾期の今は葉を落とした樹木が多く林内は明るい川の近くなので乾燥はそれほどひどくなく、林下の低木等は緑色の葉をつけている。雨期のこのあたりは水没しするそうだ。2011dec25_chitowaneiephant_safari_2 ラプティ川の支流丸木舟を操ってカヌーツアーが行われている。

続きを読む "魚取り"

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

ハヌマンラングールTarai gray langur

2011dec27_chitwan_jungle_walk237 ハヌマンラングール Tarai gray langur (Semnopithecus hector)2011年12月27日 Chitwan N.P. はよく晴れている。カヌーで川下りをしたあとひたすら公園内の道を戻る。木の間にいるサルをガイドが見つけてくれた。2011dec27_chitwan_jungle_walk230常緑の木の実をさかんにどんどん移動しながら採食している。この群れは10頭以下の小群だったと思う。

  • マレーシアで見たSilver leaf monkey 2008.10.10とよく似ている。
  • 続きを読む "ハヌマンラングールTarai gray langur "

    | | コメント (0)

    2012年2月11日 (土)

    リュウキュウガモ Lesser Whistling-duck

    2011dec26_chitwanjunglewalk168リュウキュウガモ (Dendrocygna javanica) チトワンNPのジャングルウォーク。乾期の森を抜けると常緑の森が広がり、三日月湖に出た。

    2011dec26_chitwanjunglewalk182その岸辺に数羽の水鳥が羽を休めていた。

    続きを読む "リュウキュウガモ Lesser Whistling-duck"

    | | コメント (0)

    2012年2月 4日 (土)

    トビ Black Kite on Nepal

    2011dec30_kathmandu_swayambhunoth16 2011 Dec.30 Kathmandu Swayambhunoth, Nepal  カトマンドゥの町を舞い飛ぶトビの群れ。2011dec30_kathmandu_swayambhunoth_2 ネパールの首都カトマンドゥの西にある小高い丘の佛教寺院スワヤンブナートから見た景色。

    続きを読む "トビ Black Kite on Nepal"

    | | コメント (0)

    2012年2月 1日 (水)

    ラプティ川の水鳥 コハゲコウ他

    2011_dec27_chitwan_canoe_trip コハゲコウLesser Adjutant(Leptoptilos javanicus)2011 Dec.27 Chitwan Canoe trip (Rapti River from Sauraha) 

    2011_dec インド付近にはオオハゲコウと2種いるが、そちらは絶滅寸前。コハゲコウも開発による生息地の破壊、狩猟などにより生息数は激減している。ネパール周辺ではハゲワシ類も含め、家畜に使用する薬剤が原因で死肉食の鳥動物が減少している。

    続きを読む "ラプティ川の水鳥 コハゲコウ他"

    | | コメント (0)

    アクシスジカ Spotted Deer

    2011dec25_chitowaneiephant_safari13 アクシスジカ Spotted Deer Axis axis 2011 Dec.25 Chitowan Eiephant Safari ゾウの背から観察すると動物は比較的落ち着いて観察することができる。2011dec25_chitowaneiephant_safari17 アクシスジカは、鹿の子模様が親になるまで残り美しい。ニホンジカよりも小型でその割に雄の角は大きい。この時期(12月末)チトワンではかなり大きい袋角を持っていた。。

    続きを読む "アクシスジカ Spotted Deer "

    | | コメント (0)

    « 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »