« イエスズメ | トップページ | ハトの仲間 »

2011年10月22日 (土)

ハイエナ Hyaena

2011aug01evening_game_drive_ambosel アフリカの動物と言えばいつも主役はネコ科。だが、たいがい脇役として、どちらかというと憎まれ役的に登場するのがこのハイエナ。2011aug01evening_game_drive_ambos_2 とぼとぼと歩く姿は後ろ足が短く何となく精悍な感じはしないしかしサファリカーがたくさん見守る中を気にする様子もなく抜けていく。

2011aug02_evening_game_drive_ambose ブチハイエナ Spotted Hyaena (Crocuta crocuta) ネコ(食肉)目ハイエナ科の動物。イヌに近いと思っていたがどちらかというとジャコウネコに近いようだ。アフリカに4種のハイエナが分布している。 ブチハイエナ はその中で最も大きい種のようだ。20110802africaj0653 食べ残しの死肉をあさり、強いあごで硬い骨もかみ砕くと言われているが、実際には自分で狩りをすることの方が多いそうだ。でも今回見る限りはライオンの周りにはつかず離れずいて、ライオンが獲物を倒すのを待っているように思えた。2011aug02_morning_game_drive_ambose いずれにしても、自分で刈らずに横取りが基本だと思われたため人気がないのかもしれない。ハイエナ科には他にシマハイエナとカッショクハイエナがおり、それらは肉食獣の食べ残しや、病死した動物の死体を主食とするようだ。もう1種はシロアリを主食とする小型のハイエナのアードウルフがいる。2011aug02_evening_game_drive_ambo_2 ハイエナの巣穴。中にいるのかどうかはわからない。他の動物が掘った巣穴を利用し、巣穴の回りには動物の骨などが散乱している。

|

« イエスズメ | トップページ | ハトの仲間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イエスズメ | トップページ | ハトの仲間 »