« Baboon サバンナヒヒ | トップページ | アフリカサンコウチョウ アンボセリの鳥1 »

2011年9月22日 (木)

ベルベットモンキーVervet Monkey

2011aug01_ol_tukai_lodge_amboseli27 アンボセリのロッジ付近にいるもう一種類のサルの仲間が、ベルベットモンキー。和名に「みどりざる」という名もあるがあまりしっくりとこない。2011aug03_morning_game_drive_ambose ロッジの部屋に乱入してきたのはこのサルが最初。このときは部屋にいたにも関わらず開けてあった入り口から侵入された。その反省もあって部屋にいてもドアを閉めておくようにしたが、ヒヒはドアを開けて侵入してきた。(いうなればベルベットはこそ泥、ヒヒは強盗か?!)結局部屋にいても鍵をかけて防衛することにした。サルの仲間とのつきあいは距離の取り方が難しい。

2011aug01_ol_tukai_lodge_amboseli06 ベルベットモンキー Vervet Monkey ( Cercopithecus aethiops pygerthrus )オナガザル科オナガザル族(ヒヒはヒヒ族)オナガザル属(グエノン)の仲間のサル。サバンナモンキーの3亜種の内、東アフリカから南アフリカに書けて生息するという。キリマンジャロで出会った ブルーモンキー (Syke's Monkey)と同じ属だ森林に適応したサルとサバンナに適応したベルベットモンキーとではずいぶん印象が違う。2011aug01_ol_tukai_lodge_amboseli26 雄は体長42~60cm(平均49cm)。 尾長60 ~75 cm 体重3.9~8kg(平均5.5kg)。雌はやや小さめで体長30~49.5cm(平均42.6cm)。尾長48 ~65 cm 体重3.4~5.6kg(平均4.1kg)。 尾長ザルの名前の通り頭胴長より尾が長め。また、ブルーモンキーとは別属にすることもあるようだ。その場合はChlorocebus pygerythrus hilgertiになる。20110802africaj1727 これは雄。精巣がきれいな青で目立つ。20110802africaj1717 こちらは雌。大きさには差があるようだが性差はあまり大きくなく生殖器を確認しないと見分けにくい。2011aug02_ol_tukai_lodge_amboseli86

|

« Baboon サバンナヒヒ | トップページ | アフリカサンコウチョウ アンボセリの鳥1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Baboon サバンナヒヒ | トップページ | アフリカサンコウチョウ アンボセリの鳥1 »