« アンボセリ国立公園 | トップページ | アフリカゾウ Savanna Elephant2 »

2011年9月 9日 (金)

アフリカゾウ Savanna Elephant1

2011aug03_morning_game_drive_ambose 広大なアンボセリの荒原をゆっくりとアフリカゾウが移動していくのが、ロッジからも見える。2011aug03_morning_game_drive_ambo_2 アンボセリはゾウが多いことでも有名だそうな。また人間との関係も割合良好で、攻撃してくることも少ないようだ。2011aug03_morning_game_drive_ambo_3 ゲームドライブの車が殺到してくる間を悠々と群れが通り過ぎていく。

2011aug03_morning_game_drive_ambo_4  African Elephantは最近の研究の中でForest ElephantマルミミゾウLoxodonta cyclotis が主として分離されることが一般的になってきたため、最近はサバンナゾウ(Savanna Elephant またはBush Elephant Loxodonta africana) という言い方が一般的になってきているようだ。20110802africaj2273 近くで見るとゾウは非常に大きい。やはり、動物園で見るアジアゾウやボルネオの野生で見たゾウと比べて迫力が違う。

比較のため、2003年に撮影したボルネオゾウの写真も紹介します。2003aug32 これはBorneoのSukauで見た、雄のゾウ。ボルネオゾウはアジアゾウの中でも小さいようだが、これでも見たときは迫力があった。2003aug01borneo_086 キナバタン川からボートに乗っての観察した。5m程度まで近寄ったが川が間にあるので安心していられるが実際には結構攻撃性が強く、森の中で出会ったりするとかなり危険なようだ。現在種名はBorneo Pygmy Elephant Elephas maximus borneensis。移入されたものとか、ジャワにいたゾウの生き残りとも言われているが、最近は亜種にされることが多いようだ。2003aug03borneo044 雌は雄に比べてかなり小型で牙も短い。このときは雌の群れの周りで、最初の雄がうろついていた。ボルネオは低地熱帯雨林にすんでいるゾウなので、「サバンナゾウ」とはずいぶん生活環境が異なる。こういった場所は、見通しが悪く、「マルミミゾウ」と同じで観察機会は少ない。何回かボルネオに行っているが、昼間しっかりと観察できたのはこのときだけだった。

|

« アンボセリ国立公園 | トップページ | アフリカゾウ Savanna Elephant2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンボセリ国立公園 | トップページ | アフリカゾウ Savanna Elephant2 »