« Horombo Hut付近の植物 | トップページ | Manndara Hut周辺の植物 »

2011年9月 5日 (月)

キリマンジャロ高地のシダ

2011jul28_mandarahorombo_hut0821 Kilimanjaroのサドルは日当たりがよく乾燥が激しく、3000m以下の雲霧帯とは異なり、ほとんどシダは見られない。2011jul28_horombo_hut164 量も少なく岩の間でごくわずかを確認したのみ。Asplenium sp.こんなの鱗片が密生しているものは少ない。

2011jul28_horombo_hut169 これも別の種類のAsplenium sp.2011jul28_horombo_hut176 3600m付近の厳しい環境に生えているせいか質も堅めで厚い。アジアの山に比べ火山のためか、シダは非常に少ないが、チャセンシダの仲間がキリマンジャロの山域では非常に目立つ。2011jul28_horombo_hut181 Cheilanthes farinosaに近い種類だと思う。日本のヒメウラジロに近い種類だ。2011jul28_horombo_hut185 葉の裏は白い粉のようなものでおおわれている。2011jul28_horombo_hut044 ノキシノブに似たシダ、ひょっとするとMicrosorumかもしれない。2011jul28_horombo_hut004 樹林帯からエリカのヒース帯に移行するあたりはまだシダが多い。亜高木の下にはイノデの仲間があった。2011jul28_horombo_hut007 Polystichum braunii?日本のホソイノデ十特徴が似ている。ソーラスの付き方や鱗片、葉の様子も同じだ。2011jul28_horombo_hut006 アジアからヨ-ロッパ、北アメリカのにも分布しているようなので、・・・。アフリカの高山にも生えているのかしら。2011jul28_horombo_hut056 Pteridium aquilinum ワラビだが熱帯地域のものは非常に葉が堅い。亜種区分はよくわからない。

2011jul28_mandarahorombo_hut0070 Lycopodium sp.草原の所々に群生していた。

|

« Horombo Hut付近の植物 | トップページ | Manndara Hut周辺の植物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Horombo Hut付近の植物 | トップページ | Manndara Hut周辺の植物 »