« ウォーターバックとブッシュバック | トップページ | アフリカヤツガシラ African Hoopoe »

2011年9月15日 (木)

アフリカオオノガン Kori Bustard

2011aug01evening_game_drive_ambosel アフリカのサバンナには魅力ある鳥たちも多い。これはアフリカオオノガン。道路沿いを1羽堂々と歩いていた。2011aug02_morning_game_drive_ambose あまり飛ばない鳥と思っていたが何度か飛ぶ姿を見かけた。シマウマやオグロヌーの群れの上をゆったりと飛ぶ。羽を広げるとその大きさが目立つ。

2011aug02_morning_game_drive_ambo_3 サファリカーを止めるとゆっくりと確実に歩いて遠ざかっていく。足をがっしりとしていて昆虫やは虫類を中心に食べているようだ。2011aug01evening_game_drive_ambos_2 アフリカオオノガン Kori Bustard Ardeotis kori オオノガンのなかまはインド~アフリカ・オーストラリアに4種類生息していて,広い草原に生息している。 記録によると最大の個体は全長1.4 m、翼開長2.7m、体重16.8kgだそうで、飛べる鳥の中ではもっとも重いそうだ。20110801africaj0306 繁殖期には飾り羽根が発達するようだが,この時期はすっきりとしている。

2011aug02_ol_tukai_lodge_amboseli32 アンボセリではもう1種類ノガンの仲間を観察した。これはロッジの前で観察したもの。10羽程度の群れで移動していった。2011aug03_morning_game_drive_ambose おそらくセネガルショウノガン White-bellied Bustard Eupodotis senegalensis だと思う。ニワトリ程度の大きさ鳥だ。こちらは8/3のサファリで見た個体群。やはり小群で行動していた。20110803africaj0133 おそらく雰囲気から雄と雌だと思う。ノガンは、ガンと付いている画家も類とはかなり離れた種類でツルに比較的近いグループとされている。(最近はノガン科はツル目からノガン目に変更されたとか!)

|

« ウォーターバックとブッシュバック | トップページ | アフリカヤツガシラ African Hoopoe »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォーターバックとブッシュバック | トップページ | アフリカヤツガシラ African Hoopoe »