« キリマンジャロのカラス:White-necked Raven | トップページ | Impatiens kilimanjari »

2011年8月24日 (水)

キリマンジェロの猛禽

2011jul28_mandarahorombo_hut0848 Horonnbo Hutの手前、おそらく3600m付近で、White-naped Raven〔シロエリオオハシガラス〕に絡まれながら,大きな鳥がやってきた。カラスも決して小さな鳥ではないが、圧倒的にでかい。2011jul28_mandarahorombo_hut0855 頭上を通り抜ける時、その正体がわかった。

2011jul28_higewasi_mandarahorombo_h 双眼鏡で確認し,慌ててカメラを構えたが青空の中のワシにピントを合わすのは難しい。ある程度まともな写真をトリミングした。長いくさび形の尾を持った大きなワシはLammergeyerまたは Bearded Vultureヒゲワシしかない。〔エジプトハゲワシも少し似ている〕白い顔に口元からヒゲのようなものが垂れ下がっているのも確認できた。2011jul28_higewasi_mandarahorombo_2 そのままやはりシロエリオオハシガラスに追われながら悠々と飛び去っていった。20110728africaj0267 もう一種類上る途中で見たタカは幅の広い羽に短く赤い丸い尾 。それでいて羽のノスリ斑がはっきりしている。20110728africaj0265 図鑑で調べるとAugur Buzzard、 Buteo augur、ヨゲンノスリというらしい。行動などは日本のノスリとよく似ていた。私の写真は点なので同行のB氏のものをトリミングした。

|

« キリマンジャロのカラス:White-necked Raven | トップページ | Impatiens kilimanjari »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キリマンジャロのカラス:White-necked Raven | トップページ | Impatiens kilimanjari »