« キリマンジェロの猛禽 | トップページ | Kilimanjaroの夜明け »

2011年8月25日 (木)

Impatiens kilimanjari

2011jul27_mandara_hut46 Mandara Hut付近は,1日の大半は霧におおわれ、岩や木の表面はコケや地衣類でおおわれている。キナバルではたくさんのランが至る所に付いていたが,ここではあまり多くない。その中でひときわ目立つ赤い花があった。2011jul27_maundi_crater_mandara_hut Impatiens kilimanjari キィマンジャロホウセンカとしておきます。

2011jul27_maundi_crater_mandara_h_2 真横から見るとおもしろい形だ。

2011jul27_maundi_crater_mandara_h_3 つぼみ

2011jul27_maundi_crater_mandara_h_4 強烈な赤は雲霧林の中では非常に目立つ。2011jul27_marangumandara_hut368 おそらくImpatiens pseudoviola 〔スミレに似たホウセンカ〕だと思う。2011jul27_marangumandara_hut110 色にはかなり差がある。2011jul27_marangumandara_hut578_2 もう1種類花の形が違うものがあった2011jul27_marangumandara_hut580 Impatiens papilionacea なのか。ネットで調べたがよくわからない。

2003jul28borneo01 これは2003 Jul 28 にボルネオ メシラウで撮ったKinabalu Balsam (Impatiens platyphylla)同じような環境のためかよく似ている。

|

« キリマンジェロの猛禽 | トップページ | Kilimanjaroの夜明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キリマンジェロの猛禽 | トップページ | Kilimanjaroの夜明け »