« Red-billed Firefinch | トップページ | オリーブツグミ Olive Thrush »

2011年8月18日 (木)

Chameleon キリマンジャロのカメレオン

2011jul27_marangumandara_hut131 Marangu routeを少し入ったところは生活圏が近く、登山者だけでなくいろいろな原住民の人たちに出会う。近くの藪で刈った植物を頭上にいっぱい載せ運んでいる女性に出会った。2011jul27_chameleon_marangumandara_ またしばらくすると付近の子どもたちが枝先にカメレオンを載せ写真を写せと駆け寄ってきた。

2011jul27_chameleon_marangumandar_2

25cmほどの角を持ったカメレオン。調べてみると特徴と分布域からTwo Horned Chameleon Bradypodion tavetanum タベタヌムカメレオンのようだ。20110727africaol0079 少し興奮すると背中を丸め体高を高くする。2011jul27_chameleon_marangumandar_4 上から見ると頭のてっぺんに左右に突き出た2本の角がよくわかる。2011jul27_chameleon_marangumandar_5 手で捕まえると緑色が濃くなっている。指が2本ずつ対向性になっていて枝をしっかりとつかめるようになっている。動作が遅いように見えて捕まえてみると意外に動作が速い。

この後子どもたちが今度は花をもって駆け寄ってきた。その後はキリマンジャロの歌を歌い出した。最初に紹介したおばさんも子どもたちもチップ狙いで結果的に渡さざるを得なかった。ガイドからきりがないので無視しろとの注意を受けた。このような行為は地域住民にも旅行者にもよい結果を残さないとのこと。ということで以後は無視した。カメレオンは注意すれば村の茂みなどをよく探せば割合多くいるそうだが,隠れているのでなれないと見つけられないようだ。

|

« Red-billed Firefinch | トップページ | オリーブツグミ Olive Thrush »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Red-billed Firefinch | トップページ | オリーブツグミ Olive Thrush »