« Kilimanjaroの氷河 | トップページ | Blue Monkey (Syke's Monkey) »

2011年8月28日 (日)

Abyssinian Black-and-white Colobus

2011jul31_descent_to_mandara_hut271 Kilimajaro2800m のMandara hut付近の森はサルオガセがいっぱい付いた熱帯山地林だ。赤道近く〔南緯3°〕なので、年間を通じて気温は安定しているが、朝方は10℃近くまで冷え込み昼間でも、いつも雲がかかっているため20℃を超えない。2011jul31_black_and_white_colobus_2 そんな林を何か動くものがあるがなかなか姿が捉えられない。2011jul31_black_and_white_colobus_7 枝の隙間からやっと姿を現した。

2011jul31_black_and_white_colobus_4 樹冠を敏捷に動き回るサルはAbyssinian Black-and-white Colobus Colobus guereza ssp. caudatusのようだ。クロシロコロブス〔ゲレザ〕の東アフリカの高地に住む亜種白い尻尾が特にふさふさしている。

2011jul31_black_and_white_colobus_5 尾は体長よりも長く見え、黒い体はどこにあるのか見えにくい。

2011jul31_black_and_white_colobus_6 かなり大きく見えるが頭胴長は50~70cmで体重は10kg前後のようだ。この場所では3~4頭はいたと思う。

Colobus_hand 親指がほとんど退化しているそうだ。20110725africaj0276 全体がわかりにくいのでナイロビの動物園で撮影したクロシロコロブスを参考に載せます。2011jul25_nairobisafari_walk058 なかなか愛嬌のある顔しているが、同じオナガザル科といっても、ニホンザルとはずいぶん雰囲気が違う。

|

« Kilimanjaroの氷河 | トップページ | Blue Monkey (Syke's Monkey) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kilimanjaroの氷河 | トップページ | Blue Monkey (Syke's Monkey) »