« シロハラ・与那国島・西崎 | トップページ | ホウライシダ(与那国) »

2011年1月24日 (月)

ホソバワダン

20101229_36 与那国の冬は北西季節風が吹き風が強く雨も多いし寒い…(といっても15℃を下がることはあまりないようだが。)20101229_51 島中ごつごつの隆起珊瑚の石灰岩に覆われている。

20101229_35 そういった岩場の影にホソバワダンが黄色い小さな花を咲かせている。20101229_17 暖かい地域ではあっても、冬は花が少ないので目立つ。根元のロゼットが印象的な植物だ。20101229_22 ホソバワダンは西日本から琉球の温暖な地域の海岸の岩場に生える植物だ。Crepidiastrum lanceolatumアゼトウナ属の植物です。花はコオニタビラコやヤクシソウの花とあんまり変わらない。ワダンの名前の語源はほかのHPによると『日本語の古語で「海」を意味する「ワダツミ」からという説と、「ワタ菜」から来ているという説』があるそうです。

|

« シロハラ・与那国島・西崎 | トップページ | ホウライシダ(与那国) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シロハラ・与那国島・西崎 | トップページ | ホウライシダ(与那国) »