« ホウライシダ(与那国) | トップページ | チョウゲンボウ(与那国) »

2011年1月29日 (土)

ホウライシダ(京都)

20101106_1 ここは京都駅の近くの町の中。いわゆる「アジアンタム」があちこちに群生している。

20101106_6 これはJRの高架下の通路の石垣大きく育った「アジアンタム」が見られる。20101106_4 やっぱりこれはホウライシダなのか?与那国などで見られるものとは少し違うような気がするが決定的な差違はわからない。日本産ならAdiantum capillus-venerisなのだが世界の熱帯に広く分布していて、多くの園芸品種もあるはず。少し調べたがよくわからない。2010jan218 こちらは鹿児島城山のホウライシダ2010jan221 やはり非常によく繁殖していた。本来自生していても不思議はないところだが、30年ほど前は少なくとも目立つほどは生えていなかったはず。今あちこちで見られる町の「アジアンタム」と日本の自生種の違いなど、どなたか教えていただければ幸いです。

|

« ホウライシダ(与那国) | トップページ | チョウゲンボウ(与那国) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホウライシダ(与那国) | トップページ | チョウゲンボウ(与那国) »