« ヒラタケ | トップページ | トクサラン »

2011年1月 2日 (日)

ヤエヤマオオコウモリ

20101230_16 2010年末は八重山、石垣島・西表・与那国を回ってきた。オオコウモリの食痕はあちこちで見たがなかなか実物は見つけられない。20101230_06 石垣島の公園でやっとその姿を見られた。

20101230_06_2 夕方のまだ明るい公園のアコウ?の木に飛んできたのを見つけた。20101230_03 木を伝いながら実を食べている。

20101230_31 ヤエヤマオオコウモリ Pteropus dasymallus yayeyamaeは口永良部から台湾まで5亜種が分布するクビワオオコウモリの八重山亜種だ。日本に分布しているオオコウモリ科の動物は、このクビワオオコウモリとオガサワラオオコウモリ、そして絶滅したと言われているオキナワオオコウモリがいたとされている。20101230_25 木を移動するときや「果実」を引き寄せるときは前足も使うようだ。

20101230_20 顔はまさに「Flying Fox」。目も大きい。クビワオオコウモリというだけあって首の周りに黄色い毛が生えている。20101230_19_2 後ろ足の指は長くは、前足・翼はコンパクトに折りたたまれている。20101230_18_2 更に拡大すると木にぶら下がりやすくなっている事がよくわかる。20101230_32_2 10分ほど夕闇の迫る木下で観察していたが、カラスに盛んにモビングされ、飛び去っていった羽を広げると更に大きく見え開長は1mほどありそうだ。

|

« ヒラタケ | トップページ | トクサラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒラタケ | トップページ | トクサラン »