« サキシマカナヘビ | トップページ | 八重山のヒヨドリ類 »

2011年1月10日 (月)

テリハノギク

20101227_07 西表の山手は冬枯れで咲いている花は少ない…そんな中でもっともよく目にしたのはテリハノギク. Aster taiwanensis var. lucens 浦内川の乗船場近くの日当たりの良い道路際で咲いていた。20101227_06 「照り葉」と名付けられているが葉は大して光沢はない。

20101227_08 星(干)立の海岸近くに咲いていたテリハノギク。葉の形には変化があるようだが切れ込みは少なく長細く茎は抱いていないが葉柄はほとんど無いようだ。

20101227_013 花は小さめで総ほうは長め、図鑑によれば舌状花より長いというのが特徴のようだ。

20101227_015 花柄にも毛は少ない。台湾にも分布し八重山に産するものはその亜種のようだ。

|

« サキシマカナヘビ | トップページ | 八重山のヒヨドリ類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サキシマカナヘビ | トップページ | 八重山のヒヨドリ類 »