« アカハナワラビ 高島 | トップページ | ヒラタケ »

2010年12月 1日 (水)

ヤツシロラン

20101128_15 高島の雑木林をハナワラビを探していたら、落ち葉が積もった地表に変わったものがつきだしているのに気がついた。20101128_11 実の形から、どうやらラン科植物、ヤツシロランの仲間のようだ。

20101128_03 地表から大きいものでは30cmぐらい立ち上がり周りを探してみるとけっこう群生している。途中に葉もなくつるっとしている。20101128_14 こちらは実の拡大。薄いくずのような種子が見えている。滋賀県にはクロヤツシロランGastrodia pubilabiata が分布しているようなのでおそらくはそうであろうと思うが花を見ないとわからない。来年花の時期に確認に行くことにしようと思う。ただ地表すれすれに咲くようでかなり見つけるのは困難なようだ。20101128_07 種子を散布し終わった果実。おもしろい形をしている。

20101128_12

根元の様子。花は密集してついていrたことがわかる。咲き終わり果実が成熟するに従い花軸が伸びていくようだ。花がこの根元すれすれで咲くのであれば見つけるのは大変だ。

|

« アカハナワラビ 高島 | トップページ | ヒラタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカハナワラビ 高島 | トップページ | ヒラタケ »