« Kota Kinabalu Airportの野鳥 | トップページ | Green vine snake »

2010年9月22日 (水)

Rufous-backed Kingfisher

20100819_bako_nightwalk34 夜の森で遊歩道の上2.5mぐらいの高さに張り出した横枝に、Rufous-backed Kingfisherが寝ていた。和名は セアカミツユビカワセミ, Ceyx rufidorsaです。

20100819_bako_nightwalk51 小さいカワセミで大きさは日本のカワセミと変わらない。Borneoの水辺ではカワセミの仲間は多いのだが、開けたところでは見ていない。森の中から余り出てこないのかもしれない。目の後ろが青くないのでRufous-backed と判断した。20100819_bako_nightwalk30 おしりから見た「三つ指」カワセミ。前2後ろ1しか指は見えないが普通のカワセミだって2本は合着してるので特に変わったように見えない。Borneo20040820701 こちらは2004年8月SabaのSukauでやはりNightewalkで見たミツユビカワセミこちらはBlack-Backed Kingfisher かもしれない。2005dec27_menanggul_river_night_cru 見比べるために昔のカワセミ類の写真を見直してみたが、その中から夜寝ていたコウハシショウビンStork-billed Kingfisher。今回まともな写真が撮れなかったが、バコ国立公園にわたるボートから何回かみかけた。2005dec27_menanggul_river_night_c_2 こちらも今回撮れなかったが、ルリカワセミBlue-eared Kingfisher。Borneoでもっとも普通のカワセミだ。

|

« Kota Kinabalu Airportの野鳥 | トップページ | Green vine snake »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Kota Kinabalu Airportの野鳥 | トップページ | Green vine snake »