« イヌスギナ2 | トップページ | タイワンザル »

2010年6月 4日 (金)

伊吹山頂のタンポポ2010

20100530_19 タンポポ調査西日本の調査期間もほぼ終わりの5月末。滋賀県の平野部ではタンポポが目立たなくなってきているので、最後に伊吹山の頂上付近に行って見た。伊吹山頂のタンポポ 2008.06.09を以前にも報告しています。

20100530_20 5月30日は山頂付近は春一番の花が終わり初夏の花にはまだ早い。山頂付近はタンポポの最盛期でした。20100530_02 伊吹山の山頂付近は「イブキタンポポ」名付けられた在来種のタンポポが自生する。以前はたくさん見られたのですが現在は山頂付近のお花畑に見られたが多くない。20100530_data14 均整のとれたカンサイタンポポより大型のタンポポで、総ほう外片の色がやや黒ずみ、やや幅広気味、内片の半分よりやや短めだ。このあたりの麓に多い「セイタカタンポポ」とは少し違う気もするがその範囲内に入れないといけないかもしれません。20100530_data09 これはやや小さめの個体。ミヤマタンポポとの関係も含め、観察に来たのだが、全く違うようだ。白山のタンポポ 2008.07.15

53014 花粉を観察してみると正常。2倍体有性生殖種のようだ。20100530_06 伊吹山の山頂付近は実際は「イブキタンポポ」はほとんど見当たらない。滋賀県のどこよりもセイヨウタンポポが一面に咲いている。20100530_07 石灰岩の隙間まで入り込みお花畑にもかなり入り込んできている。正直対応していかないと「イブキタンポポ」は無くなってしまうかもしれない。

|

« イヌスギナ2 | トップページ | タイワンザル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イヌスギナ2 | トップページ | タイワンザル »