« 彦根城のタンポポ | トップページ | ムニンベニシダ »

2010年3月17日 (水)

ハツミヨザクラ

20100313_013 3月13日大津皇子ヶ丘公園を散歩した。まだタンポポは咲いていない。ここの西大津バイパス横の一角にハツミヨザクラという早咲きの桜が植えられている。2008年は3月17日ごろ開花し21日頃満開に、2009年は2月27日咲き始め3月9日に満開に。2010年は3月4日ごろから咲き始め13日に満開になった。20100313_005 去年よりは遅いが2008年よりは早い。ソメイヨシノに比べ2週間程度早く咲き、まだ周辺は新芽が伸びていない枯野に華やかに咲いている。ハツミヨザクラは木はあまり大きくなく、よく枝分かれして花を多くつける。花柄には毛が多い。

20100313_020 栽培種の桜についてはよくわからないので「このはなさくや図鑑」を参考にさせていただいた。それによると、ハツミヨザクラ(初御代桜). は花の色はソメイヨシノに比べ濃い目(カンヒザクラの影響か?)で. 花弁枚数, 5枚. (カンヒザクラ×ケイオウザクラ)の雑種だそうだ。 カンヒザクラにケイオウザクラを交配し誕生した品種。そしてケイオウザクラはシナミザクラの台木にコヒガンザクラを接木した際、枝変わりで誕生した桜とされていて、コヒガンザクラはエドヒガンザクラとマメザクラの種間雑種と推定されています。ということはカンヒザクラ、エドヒガンザクラ、マメザクラそしてシナミザクラの4種が関与しているようだ。20100313_009 早春の野に餌はあまり多くない、満開の桜にはヒヨドリの群れがたくさん来ていた。メジロも来ていた。周辺ではウグイスやホオジロのさえずり。カワラヒワも来ていた。そろそろ春ですね。 

|

« 彦根城のタンポポ | トップページ | ムニンベニシダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彦根城のタンポポ | トップページ | ムニンベニシダ »