« オオシケシダ | トップページ | オガサワラホラゴケ »

2010年1月17日 (日)

ハチジョウシダ

20091221_001 小笠原の海岸近くから山地にかけて最も多くみられたシダはイシカグマ、そして2番目はハチジョウシダではないかと思う。小笠原には2種類ハチジョウシダとオガサワラハチジョウシダが分布するらしいがあまりよくわからない。

20091222_032 これはハチジョウシダPteris faurieiだろうか?葉の幅がやや広く硬め。

20091222_16 葉の色が違う光沢の強いタイプがありこれがオガサワラハチジョウシダPteris boninensis だろうか?葉の色は日当たりによって印象は違うが、葉は明らかに薄く、ハチジョウシダモドキに近い感じのものもある。20091222_033 羽片の先が尾状に伸びるのも特徴の一つだそうだ。20091221_005 胞子の着き方はハチジョウシダと変わりがないようだ。

|

« オオシケシダ | トップページ | オガサワラホラゴケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオシケシダ | トップページ | オガサワラホラゴケ »