« キジバト | トップページ | キサラギカナワラビその後 »

2009年11月25日 (水)

イエコウモリ

2009nov24_01 11月24日。コウモリが家の周りを飛び回っていた時期が過ぎしばらく見ていなかったのだが、寒さの厳しい鳥羽高校の廊下で飛べなくなりうづくまっていたコウモリが見つかった。

2009nov24_02 せっかくなのでよく観察させてもらった。耳は大きめ音[超音波]を頼りに夜を飛び回るだけのことはある。2009nov24_06 目は小さくかわいい。鼻は豚鼻前を向いている。2009nov24_08 頭胴長は50mm程度。尾は内側に折り曲げているのでちゃんと測れない。重さも5g程度か?家の秤では正確に測れない。種類はよくわからないが、おそらくアブラコウモリ(油蝙蝠、学名:Pipistrellus abramus)だと思う。イエコウモリともいう市街地でもっともふつうのコウモリ。

2009nov24_09 後ろ足は長い5本の指があり壁に張り付いたりぶら下がるのに適している。2009nov24_10 前足は羽根になり親指は短く爪がついている。後の4本は翼を支えている。少し羽根を広げてみたが、翼開長は160mm程度だと思う。地面から直接飛べないと思っていたが、いとも簡単に飛び上がり元気に飛び立っていった。この日は比較的暖かいのできっと良い冬眠場所を見つけてくれることだろう。

|

« キジバト | トップページ | キサラギカナワラビその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キジバト | トップページ | キサラギカナワラビその後 »