« 朽木のシマシロヤマシダ | トップページ | ヒメハイホラゴケ »

2009年9月 8日 (火)

オオハナワラビの芽生え

2009aug30_24 8月30日、滋賀県高島町の神社の裏の林で一斉にオオハナワラビが葉を伸ばしていました。2009aug30_22 このグループのシダは夏の終わりに芽を出し、秋に胞子を成熟させ冬の柔らかな日差しを浴びゆっくりと栄養を蓄え、夏草に被われる頃、地上部は枯れていきます。2009aug30_21 普通のシダとは異なり、いわゆるシダ巻き、(ゼンマイ型のFiddleheads)は作りません。どちらかというと、セリ科の植物の羽状複葉が開くような感じです。2009aug30_14 滋賀県の里山にはオオハナワラビとフユノハナワラビが普通に自生していますが、関東の研究者からの指摘もあり、この秋はこのグループのシダをもう少しよく調べてみようかと思っています。滋賀県のハナワラビについては伊吹のハナワラビで一度紹介しています。ハナワラビの芽生えは京都府立植物園のオオハナワラビで紹介しました。

|

« 朽木のシマシロヤマシダ | トップページ | ヒメハイホラゴケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朽木のシマシロヤマシダ | トップページ | ヒメハイホラゴケ »