« 塔公寺のベニハシガラス | トップページ | ヒメミズニラ »

2009年8月23日 (日)

エビラシダ

2009aug21027 8月21日長野県の小海町か佐久穂町を歩いてきた。普段あまり見ないシダが多かった。これはイワウサギシダGymnocarpium jessoense乾燥した斜面に生えていた。密生して生えていてこんもりとした群落を作っていた。

 

2009aug22_011 松原湖に近い岩棚の下で岩だなの下には、葉の切れ込みの少ないウサギシダG. dryopterisが生えていた。イワウサギシダに比べより平面的な感じがする。

2009aug22_018 すぐ近くの岩棚の下には多くはないがエビラシダG. oyamenseが生えていた。このあたりは火山礫を含む凝灰岩だがクモノスシダやツルデンダなど石灰岩性の植物が一緒に生えている。2009aug22_036 生えているコケも少し違う気がする。(横に生えているコケはエビゴケとのことです。)

|

« 塔公寺のベニハシガラス | トップページ | ヒメミズニラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塔公寺のベニハシガラス | トップページ | ヒメミズニラ »