« ヒメクラマゴケ | トップページ | 四川省北海子・日食 »

2009年7月10日 (金)

ヒメノキシノブ

M2009july4_01 飯室不動尊の軒端の石垣にノキシノブがたくさん着生していた。M2009july4_04 普通のノキシノブも多いが、それより一回り小さく葉先の丸いノキシノブも着いている。M2009july4_08 ヒメノキシノブLepisorus onoei 葉は大きくても10cmは越えない。ここのはほとんどが5cm以下。M2009july4_11 根茎は這いまばらに葉を付ける。胞子嚢群はやや楕円形で3~5対。可愛らしいシダだが、滋賀県では珍しいほどではないが最近減ってきているように思う。M2009july4_02 こちらはノキシノブLepisorus thuncergianus 一回り大きく、葉先が尖っている。

|

« ヒメクラマゴケ | トップページ | 四川省北海子・日食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒメクラマゴケ | トップページ | 四川省北海子・日食 »