« 碧峰峡パンダ保護基地 | トップページ | 雅安市碧峰峡のシダ »

2009年7月31日 (金)

雅安市碧峰峡のイヌワラビ

2009july24_010 中国四川省の山際標高1000mを越えたあたりはシダが多い。それも日本のシダとの共通の種類が多いのも親しみが湧く理由かも。ホウライイヌワラビAthyrium subrigescens パンダの飼育施設の周りで最も多く見られた。以前九州の谷で見たことがあるがほんとに久しぶりだル

2009july24_63 葉の裏、繊細な感じのきれいなイヌワラビだ。日本のものと全く同じだと思う。

2009july24_41 タニイヌワラビのグループが多いこれはちょっと分からない。

2009july24_85 もう少し時間をかけてゆっくり観察しないと分からない。団体行動と途中の交通渋滞の影響もあり駆け足なのが残念写真を撮るだけで鱗片も確認できない。

2009july24_014

サトメシダやヤマイヌワラビ、シマイヌワラビに似た種も見たがよい写真が見つからない。雑種もあるかもしれない。

|

« 碧峰峡パンダ保護基地 | トップページ | 雅安市碧峰峡のシダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 碧峰峡パンダ保護基地 | トップページ | 雅安市碧峰峡のシダ »