« 西大台の植物 | トップページ | 高島サギのコロニー »

2009年7月 1日 (水)

白川のシダ2

2009june20 6月20日、宇治白川を1ヶ月振りに訪ねた。18日にこの地は激しい「雹」に襲われ、緩いガレージの屋根はぼこぼこに穴が空き。果樹は実が落ちかなりの被害だったように思える。大きいものは5cmほどあったようで、神社の境内等はシイやカシの枝がおれて敷き詰められたようになっている。2009june20_05 タカサゴシダ?とおもわれるものも葉が痛んでいるものが多い。近所のヒトに聞いたところ、雨は余りたいしたことはなかったようだが。雹は一時はビー玉が敷き詰められたようになりガレージの隅にはたまった雹が次の日の朝まで残っていたそうです。2009june20_10 キサラギカナワラビ?と思われるものは葉は伸び硬くなってはいたが雹の被害でぼろぼろになっていた。標本として採取したが、株が小さいこととダメージで枯れてしまいそうな状況でした。2009june20_14 谷の壁面にはノコギリシダが群生し美しい。2009june20_20 アオホラゴケも生えていた。2009june20_33 透かしてみると偽脈が見える。写真ではわかりにくいかな。

|

« 西大台の植物 | トップページ | 高島サギのコロニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西大台の植物 | トップページ | 高島サギのコロニー »