« 西大台自然保護区 | トップページ | 白川のシダ2 »

2009年6月29日 (月)

西大台の植物

M2009june14_143 西大台自然保護区は大台教会のすぐわきから入り、ドライブウェイに沿って入っていく。大台教会は、「神習教大台ケ原大教会」が正式名称で、明治24年に「魔物の棲む山」として誰も近寄らない人跡未踏の大台が開山され、明治32年にこの地に教会を建て、以後この山頂に定住して開発されたのこと。駐車場から余り離れていないが、周りはトウヒやブナなどに被われ静かな雰囲気だ。2009june14_135 シャクナゲは終わっていたがツツジ科の植物が目につく。これはサラサドウダン。2009june14_100 林内はすでに目に付く花は少ないが赤いヤマツツジやシロヤシオが咲いていた。109 目立たないが小さいツボ型の花、あとで調べてみるとコアブラツツジのようだ。M2009june14_032 谷合の湿った倒木にはホソバコケシノブが密生してミヤマノキシノブがついている。広い西大台だがシダや下草低木は、鹿の食べられない種類以外は、防鹿柵で囲まれた中以外はほとんど生えていない。それと崖に生えた僅かな植物や着生植物が残っているのみだ。2009june14_017 下草の生えていない、倒木にはキイロスッポンタケが生えていた。

|

« 西大台自然保護区 | トップページ | 白川のシダ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西大台自然保護区 | トップページ | 白川のシダ2 »