« 長野県のタンポポ | トップページ | 茂来山 »

2009年5月13日 (水)

エゾヨツメ

M2009may4_022 長野県小海町松原湖のほとりで少し変わった中型の蛾を見つけた。M2009may4_026 Netで問い合わせたところ、エゾヨツメ(Aglia japonica)という、ヤママユガ科のガの♂だそうだ。分布は北海道から九州まで全国の山間地で4-5月頃見られるようです。M2009may4_001 ヤママユの仲間はヨナクニサンなど大きいきれいな蛾が多い。この蛾もモンシロチョウよりはるかに大きい。M2009may4_009 初めはウスタビガかなと思ったが、成虫はアゲハよりひとまわり小さいガで、羽の目玉模様にチェックが入っている。 回りは青みを帯びきれいな蛾だ。M2009may4_015 まだ虫の少ない夏緑林帯の春、気になった昆虫です。胴が太くその割に羽が小さいためか、余りうまく飛べないのか、ゆっくりと撮影できました。 

|

« 長野県のタンポポ | トップページ | 茂来山 »

コメント

美しい蛾ですね。色が派手でないというだけで、とても美しい生き物だと思います。二枚目の写真、とても良いです。

投稿: 釣り吉 | 2012年10月28日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長野県のタンポポ | トップページ | 茂来山 »