« カンサイタンポポの帯化 | トップページ | 下物びわこ博物館周辺のタンポポ »

2009年4月18日 (土)

大型のタンポポ

S2009apr12_021 4月12日、水口子どもの森へ野鳥の会滋賀支部の探鳥会に行きましたが、視線はタンポポ。
このあたりは上のようなカンサイタンポポは案外少なく、外来種-雑種がかなり自然度の高いところまで侵入していました。S2009apr12_062 最も多いのが、写真に示した大型のタンポポ。ランクは1~2 つぼみ状態では1、種になりかけでも3程度。以前雄琴で見たタンポポと同じタイプでした。左は近くに生えていたセイヨウタンポポ。S2009apr12_060 横から見ると違いがよく分かる。S2009apr12_064 これは下から、時期的なものかもしれないが、セイヨウタンポポの種はできているが、この大型のタンポポはまだ咲き始めのようだ。種は取れていない。
甲賀市水口町北内貴 北緯34度57分32秒、東経136度10分4秒。このタンポポは何でしょうね。 花粉はバラバラでした。頭花の直径は6cmを越えるものも。
S2009apr12_100
回りにセイヨウ、カンサイ、シロバナもありましたが個体数は圧倒的に多い。S2009apr17_001 4月17日、雄琴の大型のタンポポも咲き始めました。どうやら同じ性質を示しているようです。

|

« カンサイタンポポの帯化 | トップページ | 下物びわこ博物館周辺のタンポポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カンサイタンポポの帯化 | トップページ | 下物びわこ博物館周辺のタンポポ »