« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の6件の投稿

2009年4月30日 (木)

滋賀県北部のタンポポ

M2009apr29_13 4月29日は久しぶりに晴れたので滋賀県北部を歩いてきました。県北部の在来タンポポはほとんどがカンサイだが大津と高島市の間で湖が山に迫るあたりで急にカンサイが少なくなり高島市にはいると、本物のカンサイタンポポはほとんど見られなくなっていくようだ。M2009apr29_01 このタンポポは滋賀県新旭湖岸の湖周道路近くで群生していた。M2009apr29_05 どうもこれはトウカイタンポポのようだ。花粉は正常。M2009apr29_03 海津の天神社付近はシロバナが見られた。M2009apr29_08 この付近はいわゆるセイタカタンポポのタイプが多い。花はカンサイタンポポよりもはるかに大きい。M2009apr29_01_2 この時期休耕田はイヌスギナがいっぱいに茂りそのわきにはタンポポが見られる。M2009apr29_20 総苞片はやや白っぽく見え総苞の突起は大きさが様々だ。 M2009apr29_17 新しく公園化された奥田沼園地は外来種が多い。花粉がないが非常に少ない。ランクは4~5だと思うが純粋のセイヨウとは思えない。M2009apr29_03_2 西浅井の道路脇のまだ明るい落葉樹林下にはえていたタンポポM2009apr29_04 花が終わったばかりの方が特徴がはっきりしている。花粉にばらつきがあるのでエゾタンポポかもしれない。葉はクシバというより、林下でもありせいか浅裂。M2009apr29_09 回りのタンポポの総苞片は様々M2009apr29_11 全て花粉は正常なのでひとまずセイタカタンポポにしておくしかないのでしょうか。M2009apr29_04_2 綿毛を付けているものは少なく付けていても不捻性のものが多い気がする。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

綾部のタンポポ観察会

M2009apr25_07 雨の中、綾部市天文館・パオで開かれた、綾部のタンポポ観察会 に行ってきました。激しい雨と風の中、参加者は熱心にタンポポの観察をされていました。バスで案内してもらったこともあり、どこに行ったのかはっきり分からないのですが、ここは綾部市 五津合町市野瀬キビシロタンポポの自生地です。M2009apr25_05 残念ながら悪天の中で花を咲かせてくれていないが、総苞片の雰囲気で見分ける。京都府北部のキビシロの色の濃さを確認したかったのだが。M2009apr25_11 民家の庭先に生えていたクシバタンポポ。庭といっても砂利が敷き詰めた通路部分。どうやら意識して抜かないでもらっているようです。M2009apr25_24 葉が独特深く切れ込み葉は細いが葉先は丸みを帯びている。他にも岡安町西八田でヤマザトタンポポやカンサイタンポポを観察し、最後は場所が分からないが「大型のクシバ」といっていた謎のタンポポを確認。M2009apr25_66 非常に大型で川の土手を中心にたくさん生えていた。シナノタンポポにも似ているような気がしたが花粉がバラバラなそうなので、エゾタンポポの一型なのだろうか?このあと12:30頃、天文館に戻った。

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

下物びわこ博物館周辺のタンポポ

S2009apr19_09 4月19日に草津市下物の烏丸半島にあるびわこ博物館周辺に探鳥会に出かけた。1ヶ月前にも訪ねたがその時は咲き始めだったタンポポが今はいっぱいに咲き誇っている。S2009apr19_2 前回は咲いている花が少なかって良く分からなかったが、ここのトウカイ型のタンポポもかなりのばらつきが見られる。烏丸半島の芝生は外来種タンポポは少なく、カンサイと思われるものも少ない。上のタンポポはかなり色が薄いことが分かる。S2009apr19_4 これは色の薄いタンポポの頭花の横。総苞外片の形は余り変わらないようだ。S2009apr19_2_2 これは植物体全体が色が少し赤みがかっている。花はむしろ色が薄め。S2009apr19_4_2 総苞片も色が赤い。S2009apr19_14 これは普通のトウカイタンポポの総苞片。突起だけ少し色づく程度。S2009apr19_4_3 ここにも、今いちばん気になっている大型のタンポポが生えていた。博物館北側の周遊道路脇で咲いていた。数は5~6株程度。多くはない。S2009apr19_1 総苞片ランクは1に近い2の状態雄琴や水口子どもの森で見たのと同じ。S2009apr19_2_3 これはつぼみの状態。けっこうどっしりしている。S2009apr19_3 タネ直前。この状態になるとセイヨウっぽい。ただやや花が遅い感じだ。この日は探鳥会だったがわたしはタンポポばかり見ていました。

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

大型のタンポポ

S2009apr12_021 4月12日、水口子どもの森へ野鳥の会滋賀支部の探鳥会に行きましたが、視線はタンポポ。
このあたりは上のようなカンサイタンポポは案外少なく、外来種-雑種がかなり自然度の高いところまで侵入していました。S2009apr12_062 最も多いのが、写真に示した大型のタンポポ。ランクは1~2 つぼみ状態では1、種になりかけでも3程度。以前雄琴で見たタンポポと同じタイプでした。左は近くに生えていたセイヨウタンポポ。S2009apr12_060 横から見ると違いがよく分かる。S2009apr12_064 これは下から、時期的なものかもしれないが、セイヨウタンポポの種はできているが、この大型のタンポポはまだ咲き始めのようだ。種は取れていない。
甲賀市水口町北内貴 北緯34度57分32秒、東経136度10分4秒。このタンポポは何でしょうね。 花粉はバラバラでした。頭花の直径は6cmを越えるものも。
S2009apr12_100
回りにセイヨウ、カンサイ、シロバナもありましたが個体数は圧倒的に多い。S2009apr17_001 4月17日、雄琴の大型のタンポポも咲き始めました。どうやら同じ性質を示しているようです。

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

カンサイタンポポの帯化

M2009apr11_06 4月11日、雄琴付近はサクラが満開になり場所により散り始めている。ようやくタンポポもいっぱい咲き始めた。この日は昼から地元大津を歩いてきました。仰木付近はカンサイタンポポが咲きそろってきました。S2009apr11_01
伊香立の水田脇でカンサイタンポポの帯化を見つけました。私は、カンサイタンポポの帯化を見たのは始めてです。S2009apr11_04
伊香立向在地町 N35.134426 E135.873028
2009/4/11 花粉正常で、一緒に咲いている同株の頭花は普通のカンサイタンポポでした。S2009apr11_05 上から見るとこんな感じです。帯化の原因は除草剤か踏みつけによるものでしょうか。雑種の影響とは言い切れないと思うのですが。M2009apr11_16 道ばたにはセイヨウタンポポがありますが余り多くない。ランク3ぐらいの雑種でしょうか。もちろん花粉はバラバラでした。

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

Eyelash Viper

M2008des29_sarapiquiots_guide_tour1 Costa Ricaにはヘビも種類がたくさんいるようだが、トカゲはあちこちで見かけたがヘビはほとんど見かけなかった。Sarapiquiでガイドツアーで教えられてやっと分かった。非常に小さいヘビで、枝の上にとぐろを巻いているのを見ても何かのうんこのようだ。S2008des29_sarapiquiots_guide_tour1 Eyelash Viper Bothriechis schlegelii 近づくとけっこう美しい。長さは伸ばしてもせいぜい20cm越えるぐらいか。とぐろはせいぜい直径5cmぐらい。目の上にまつげ(Eyelash)のような突起がでている。大きくなっても本によれば、40~70cm程度のクサリヘビ。もちろん毒があるようだ。色はこの個体はGolden morph,他にも緑や茶色のタイプもいるようだ。カエルやトカゲ、小鳥などをエサにしている。見えてしまうと派手なのだが普通は見つけられない。 S2008des30_sarapiquiots_morning15 この写真は真っ暗な木の洞を適当に写したものだが、写真を整理していたら1匹の茶色いヘビが写っていた。頭の形からやはりViperのようだ。現地では全く気づいていない。ヘビは案外あちこちにいても、こちらが見つけられないだけなのかも。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »