« タンポポ調査・西日本2010京都府説明会 | トップページ | カンサイタンポポの帯化 »

2009年4月 1日 (水)

Eyelash Viper

M2008des29_sarapiquiots_guide_tour1 Costa Ricaにはヘビも種類がたくさんいるようだが、トカゲはあちこちで見かけたがヘビはほとんど見かけなかった。Sarapiquiでガイドツアーで教えられてやっと分かった。非常に小さいヘビで、枝の上にとぐろを巻いているのを見ても何かのうんこのようだ。S2008des29_sarapiquiots_guide_tour1 Eyelash Viper Bothriechis schlegelii 近づくとけっこう美しい。長さは伸ばしてもせいぜい20cm越えるぐらいか。とぐろはせいぜい直径5cmぐらい。目の上にまつげ(Eyelash)のような突起がでている。大きくなっても本によれば、40~70cm程度のクサリヘビ。もちろん毒があるようだ。色はこの個体はGolden morph,他にも緑や茶色のタイプもいるようだ。カエルやトカゲ、小鳥などをエサにしている。見えてしまうと派手なのだが普通は見つけられない。 S2008des30_sarapiquiots_morning15 この写真は真っ暗な木の洞を適当に写したものだが、写真を整理していたら1匹の茶色いヘビが写っていた。頭の形からやはりViperのようだ。現地では全く気づいていない。ヘビは案外あちこちにいても、こちらが見つけられないだけなのかも。

|

« タンポポ調査・西日本2010京都府説明会 | トップページ | カンサイタンポポの帯化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タンポポ調査・西日本2010京都府説明会 | トップページ | カンサイタンポポの帯化 »