« 下物のAzolla | トップページ | Woodcreeper »

2009年3月18日 (水)

Laughing Falcon

S2008des29_sarapiquiots_noon10 SarapiquiのLa Selva Biological Stationの宿舎は非常に快適であった。広い机にはライト付きの拡大鏡も設置され研究者用の施設であった。入口には24時間警備員が常駐しランドリーも完備していた。レストランまで2km、30分ぐらいあるが、そのトレイルが意外に楽しく苦にならない。まわりはSarapiqi川の河川林に面しておりここでゆったりしているだけで、コンゴウインコ(Macaw)やツリスドリ(Arenal Paraiso の鳥)、タラゴン(Trogon)など様々な鳥が見られた。S2008des30_sarapiquiots_morning284 宿舎の前の12/30日最後の朝食を終え宿舎に戻ってくると、甲高いグゥァ、グァと大きな声が聞こえる。何だろうと思い探すと、Cecropiaの木の梢で声を上げている白い鳥を見つけた。S2008des30_sarapiquiots_morning31_2 Laughing Falcon (Herpetotheres cachinnans)ワライハヤブサ、変わった鳥だ。しばらく見ていたが20分ぐらい断続的に鳴いていた。声は人の高笑いに似ている?とは思えないが、すごい声量で響き渡っていた。S2008des30_sarapiquiots_morning287 顔を見るとハヤブサの雰囲気がある。どちらかというとCaracaraに近い種類かもしれない。食性はもっぱらヘビ食いだそうな。

|

« 下物のAzolla | トップページ | Woodcreeper »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下物のAzolla | トップページ | Woodcreeper »