« 新旭探鳥会 | トップページ | タンポポ調査・西日本2010京都府説明会 »

2009年3月27日 (金)

Buff-throated Saltator

S2008des29_sarapiquiots_morning134b SarapiquiのOTSの芝生でやや大きめの鳥うろついていた。日本では見ないタイプの鳥だ。しかし調べてみるとアトリ科ホウジロ亜科コウカンチョウ族 の鳥のようだ。コウカンチョウはcardinalで新大陸の鳥で赤い鳥で有名だ。これといった特徴と種類が幾つかあり種名は決めかねていた。たまたま知り合ったアメリカの鳥の専門家にR.A.氏に教えていただいた。S2008des29_sarapiquiots_morning138b Buff-throated Saltator マミジロイカルSaltator maximus ホオジロともイカルとも 雰囲気が違う。行動はどちらかというとツグミの様な雰囲気がある。ホオジロというと日本を含む旧世界の鳥かと思っていたら、ホオジロ亜科の鳥は、コスタリカで見たアメリカムシクイ、フウキンチョウ、ツリスドリの仲間も全てこのグループの鳥なのだということが分かった。今回の野鳥の写真整理でけっこう鳥の分類について勉強ができた気がする。

|

« 新旭探鳥会 | トップページ | タンポポ調査・西日本2010京都府説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新旭探鳥会 | トップページ | タンポポ調査・西日本2010京都府説明会 »