« Costa Rica旅行 | トップページ | Red mangrove »

2009年1月 5日 (月)

San Jose

S2008des30_sanjose09 コスタリカ共和国、国名は「豊かな(Rica)海岸(Costa)」という意味だとか。面積は四国と九州を合わせたぐらい、人口は400万人ほどだそうな。Costa Ricaは平和憲法を持ち軍隊のない国、紛争の絶えない中米の周辺国に対し、軍隊廃止後内戦は収まり、民主選挙、教育に力を入れ、エコツーリズム発祥の地と言われている。S2008des30_sanjose34 サッカースタジアムと山。 首都はSan Joseで人口は38万ほど余り大きくはない。北緯10°標高1200mぐらい。熱帯の高地で一年を通じて過ごしやすい気候のようだ。日本との時差は-15時間です。今回成田を23日、18時に立ちDallasで乗り継ぎSan Joseに同じ日の22時に着いた。見かけは4時間だが、15時間足し、実際は19時間移動にかかった。23日は39時間あった。S2008des24_sanjose_morning26_2 San Joseに夜着き様子が分からなかったが朝6時に街に出てみた。最初に目に着いたのは、「平和のシンボル??」ドバト。ガックリきたが、しばらく歩くとS2008des24_sanjose_morning15 2番目に目についた鳥は、コスタリカらしい青い鳥。S2008des24_sanjose_morning44 Blue-gray Tanager(ソライロフウキンチョウ) スズメのような状態で町中で餌をとっている。でもこの鳥は毎日であうことのことのできた鳥で、個体数も相当いそう。S2008des24_sanjose_morning09 日本ではおなじみのカラスがいない。少し小さめの黒い鳥、白い目、行動はカラスと似ている。S2008des30_sanjose18 Great-tailed Grackle(オナガクロムクドリモドキ)この鳥も、どこにでもたくさんいた。S2008des24_sanjose_morning29 近くの公園の木にはドバトと違う野生のハトが。White-winged Dove(ハジロバト)であろう。S2008des24_sanjose_morning58 近くの茂みに幼鳥と思われるハジロバトが2羽潜んでいた。

|

« Costa Rica旅行 | トップページ | Red mangrove »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Costa Rica旅行 | トップページ | Red mangrove »