« Villabosqueのえさ台に来る鳥 | トップページ | Great-tailed Grackle »

2009年1月 9日 (金)

Raccoon

S2008des24_ma_villabosque_knight_01 Costa Ricaではじめてであった哺乳類は、マニエルアントニオについた夜海岸のゴミ捨て場でであった、アライグマでした。滋賀県でも最近出没情報があり、移入種として問題のあるアライグマだが、ここでもノラネコ数頭に混じり、餌あさりをしていた。S2008des24_ma_villabosque_knight__2 Costa Ricaには2種のアライグマが生息しており北米に広く分布し日本にも移入種として生息しているcommon raccoon(アライグマ)と中南米の海岸湿性林を中心に分布しているCrab-eating Raccoon(カニクイアライグマ)がいる。(この種も日本に帰化しているようだ)S2008des25_ma_guide_tour171 Manuel Antonio National Parkでは後者のカニクイアライグマだそうで海岸林を中心にたくさん生息しているようだ。S2008des25_ma_guide_tour173 公園内でも数回であったが、なかなか警戒心が強くまともには写真を撮らせてくれない。経路は若干茶色味が強い気がする。 

|

« Villabosqueのえさ台に来る鳥 | トップページ | Great-tailed Grackle »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Villabosqueのえさ台に来る鳥 | トップページ | Great-tailed Grackle »