« 雄琴のチュウヒ | トップページ | イソギク »

2008年12月15日 (月)

リュウノウギク

S2008des13_1 リュウノウギク Dendranthema japonicum (Makino) Kitam 日本固有の種で、本州(東北地方南部以南)・四国・九州に分布しています。滋賀県で見られる最も普通の菊です。海岸ではなく内陸に分布する傾向が強いようです。義父の病気もあり急遽戻った、12/13、14に千葉県の南房総・富浦で咲き残りを見つけた。S2008des13 滋賀県で見るものよりやや小さめで寂しい感じだがすでに盛りが過ぎているためであろうか。葉をもむと「竜脳」?に似たよい香りがする。(余り竜脳自体の香は分からない、いわゆる菊の匂いのような気がする)S2008des13_03 アザミ、種名?まだたくさん咲いていた。S2008des13_06 オカルガヤ、メリケンでなく斜面にいっぱい群生していた。(何となくホッとした気分)S2008des13_09 日だまりにスミレが咲いていた。S2008des13_11 カントウタンポポのロゼット花の咲いた後はあるが、このところの寒さで春までお休みでしょうか。

|

« 雄琴のチュウヒ | トップページ | イソギク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雄琴のチュウヒ | トップページ | イソギク »